調査レポート

楽観論は妥当か?

アジアの企業マインドを読む

本レポートは、ユーロゾーンにおける経済危機がもたらした潜在的なインパクト、この危機感がアジア太平洋企業の投資計画に及ぼす影響、そしてアジアの企業経営者を悩ませている経営、財務、人的資源、技術の各分野における問題について検証しています。

楽観論は妥当か?

世界経済における様々なリスク要因に対し、アジアの経営者はどの程度の危機感を抱いているか?その危機感が今後の投資計画にどのような影響を及ぼすか?経営者として、経営・財務・人的資源・技術の各分野における悩みは何か?
本レポートは、2012年に実施されたアジア太平洋地域での上級企業幹部806名(豪州・ニュージーランド、日本、中国、韓国、東南アジア6カ国、インド)を対象とした調査のサマリーである。調査対象の半数は、年間売上高が10億米ドルを超す大企業であり、全体の7割はアジア太平洋地域を本社所在地とする企業、残りの半数はそれぞれ北米企業と西欧企業である。本調査では、冒頭のような問いを設定し、アジア太平洋地域の経営者が持つ肌感覚を明らかにしている。
本調査は豊富なデータを含むが、データを理解しやすくする目的と紙数の制約から、代表的な業種・国から見た最も重要な結論にフォーカスしている。 

(4,675KB, PDF)
お役に立ちましたか?