調査レポート

コンシューマー・インサイト 2016

インドネシア消費者の進化

Deloitte Consulting Southeast Asia (DC SEA)は「デロイト コンシューマー インサイト」と題した消費者調査レポートを毎年発表しています。3回目となる本レポートでは、昨年同様の食品・日用雑貨カテゴリーにおける消費者の支出構成や購買行動に加え、電化製品の購買パターンを新たに調査しました。さらに、将来の成長が見込めるeコマース市場や消費者の情報入手経路の進化についても分析しました。

インドネシア消費者の進化(抄訳版)

Deloitte Consulting Southeast Asia (DC SEA)の消費者調査レポート「コンシューマー インサイト」は今年で3回目を迎える。本レポートは、「コンシューマー インサイト 2016」の抄訳版として、以下について要約したものである。

・インドネシア消費者の進化
・コンシューマー インサイト
  (1) 消費者マインド概観
  (2) 支出構成
  (3) 購買行動及びブランド選好
  (4) 情報入手経路
  (5) 購買チャネル
  (6) eコマース
  (7) 都市別の購買行動の特徴
・今後に向けた展望

尚、本内容の英語版 Deloitte Consumer Insights - The evolution of the Indonesian consumer はこちらからご確認頂けます。

(PDFファイル、807KB)

関連するサービス

東南アジアにおけるチャネル戦略
東南アジアのチャネル構造は日本と大きく異なります。例えばインドネシアではトラディショナルトレード(伝統的小規模小売店)が市場の8割以上を占め、そこにおける店舗数は100万軒以上と言われています。このような環境においては中間流通活用の巧拙が事業の成否に大きな影響を与えます。デロイト トーマツ グループでは東南アジアのコンサルタントも含めた体制により、現地の深い理解に基づいたチャネル戦略の構築、実行をご支援しています。

お役に立ちましたか?