ナレッジ

<テーマ別> コンシューマービジネス 関連記事のご案内

お客様のご要望に合わせてコンシューマービジネス関連の記事をご案内致します。

ここではこれら業界を横断するテーマにて関連記事をご紹介致します。

<テーマ別>

コンシューマビジネスインダストリーの記事を以下のテーマ毎にご紹介致します。

  1. コンシューマービジネスグローバル企業ランキングシリーズ 
  2. 東南アジア在住コンサルタントの視点     5. 食品・飲料
  3. グローバルビジネス                   6.海外市場動向調査シリーズ 
  4. 業界動向                   7.財務・会計

コンシューマービジネスグローバル企業ランキングシリーズ

デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)では毎年、世界の消費財や小売・流通業界に関する調査レポートを発表しています。

世界のラグジュアリー企業ランキング2016
世界のラグジュアリー関連企業の売上トップ100社をランキングし、世界経済の見通し、同業界のトレンドおよびM&A活動について検討、分析するとともに、将来の消費者を呼び込むために今、何をすべきかについて考察します。

世界の小売業ランキング2016
毎年デロイトが発表するレポート“Global Powers of Retailing”では、 世界の小売業界における売上トップ250社をランキングし、小売業界のグローバルトレンドについて解説しています。

2015年のコンシューマーグローバル企業動向

本レポートでは、経済動向と人口動態、限りある資源とその持続可能性の考察、そして私たちの日常生活にかつてないほど大きな影響を与えるテクノロジーに対する洞察を通じて、今後10年間における消費態度や消費パターンの変化の予測を試みています。

バックナンバーはこちら

海外市場動向調査シリーズ

デロイト トーマツ グループでは主にアジア各国のマクロ・消費財・小売に関する市場動向レポートを定期的に発行しております。各国についての情報がクイックにまとめられており、各レポートのサマリーが下記のリンク先よりご確認頂けます。レポート本編に関しましては、お申し込み頂いた方へ郵送にて発送させて頂いております。

2015年版 インド市場動向
インドは世界2位の人口規模と高い経済成長率を持つコンシューマービジネス業界における有望市場です。本レポートでは、インドのマクロ環境と、加工食品・飲料市場、日用品市場、小売市場の動向についてとり上げています。

2015年版 中国市場動向
国内消費の落ち込みなど経済の減速が大きな課題となっている中国ですが、依然、世界一の人口規模を持つ大国であることには変わりはありません。本レポートでは、中国のマクロ環境と、加工食品・飲料市場、日用品市場、小売市場の動向についてとり上げています。

2015年版 タイ市場動向
タイはこれまでにアジア通貨危機、歴史的な大洪水、政治的な混乱などで度々の経済減速に見舞われてきましたが、ASEANではインドネシアに次ぐGDP規模を誇る有望な市場です。本レポートでは、タイのマクロ環境と、加工食品・飲料市場、日用品市場、小売市場の動向についてとり上げています。

2014年版 インドネシア市場動向
インドネシアはASEAN最大の人口を有し、経済成長に伴い中間層が急速に拡大しており、消費市場として注目されています。本レポートでは、インドネシアのマクロ環境と、食品・飲料市場、日用品市場、小売市場の動向についてとり上げます。

2014年版 消費市場としての魅力が高まるASEAN市場
ASEANはこれまで安価で豊富な労働力を背景に生産拠点として存在感を高めてきましたが、ここ数年は中間層の増加に伴い消費市場としての魅力が高まっています。ここではインドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、シンガポールの6カ国に着目し、市場概況についてまとめています。

2014年版 ベトナム市場動向
ベトナムでは、経済成長や若年層の厚み、中間所得層の拡大などから、消費市場としての将来性が期待されています。本レポートでは、ベトナムにおけるマクロ環境と、食品・飲料市場、日用品市場、リテール市場の動向についてとり上げます。

お役に立ちましたか?