調査レポート

コンシューマー・インサイト 2016 タイ

さらなる発展と上昇へ

Deloitte Consulting SEAの消費者調査として、初めてタイを取り上げます。東南アジアの中でも特に洗練された消費者が多く、今なおさらなる発展と上昇を遂げようとしているこの市場における、全般的な消費者マインドや具体的な支出構成、購買行動についてご紹介します。

関連コンテンツ

タイ消費者調査

東南アジアの中でも特に洗練された消費者が多い国タイについて、バンコクとチェンマイの2都市で消費者調査を行った。調査結果からいくつかのことが分かった。タイの消費者は経済について楽観的ながらも慎重な見方をしており、概して分別よく、収入の範囲内で支出をしている。しかし、だからと言って必ずしも価格が購買決定要因になるとは限らない。また、タイの都市部に住む消費者が、自分にふさわしい、つまり、個々のニーズや欲求を満たす特長を備えた商品に強い関心を持っていることも判明した。さらに、消費者の購買力が増すほど、そうした特長への出費をいとわない傾向が強くなることも明らかとなった。

・絶好のチャンス
・ミャンマー消費者調査
  (1) 消費者マインド
  (2) 支出構成
  (3) 購買行動
  (4) ブランド選好
  (5) 情報入手経路
  (6) 購買チャネル
  (7) eコマースの台頭
・今後の展望

本レポートの原文 「Deloitte Consumer Insights - The Thailand Consumer Survey」はこちらからご確認頂けます。

(1.36MB, PDF)
お役に立ちましたか?