ナレッジ

商品券の会計処理

小売業の会計シリーズ2

商品券とは、券面に記載された一定金額の商品を提供してもらう権利のある有価証券です。本稿では、商品券に関する一般的な会計処理や商品券回収損失引当金の考え方について解説します。

関連コンテンツ

商品券の会計処理

商品券とは、券面に記載された一定金額の商品を提供してもらう権利のある有価証券です。主に百貨店やスーパーマーケットなどの小売業者が発行し、贈答用などに利用されます。商品券には、使用形態に着目すると、(1)発行した企業が運営する店舗等でのみ使用できる「自社発行券」、(2)使用できる店舗等が発行企業に限定されず、全国百貨店協会などに加盟している企業間で共通して利用できる「共通券」、の2つに大きく分類されます。本稿では、商品券に関する一般的な会計処理や商品券回収損失引当金の考え方について解説します。 

(319KB, PDF)
お役に立ちましたか?