ナレッジ

eコマース取引の収益認識について

小売業の会計シリーズ1

近年、ネット通販やTV通販に牽引される形で通販市場の規模は急速に拡大しています。本稿では、この拡大する通販市場での会計処理、特に、クーリングオフが適用されるか否かによって変わる、収益の計上時期の考え方について解説します。

関連コンテンツ

eコマース取引の収益認識について

近年、ネット通販やTV通販に牽引される形で通販市場の規模は急速に拡大している。百貨店や総合スーパー、家電量販店などの有店舗小売業においても、品揃えや未出店地域の補完的な位置づけとして通信販売はスタートしたが、新たな販路の柱に強化する動きが見られる。本稿では、この拡大する通販市場での会計処理、特に、クーリングオフが適用されるか否かによって変わる、収益の計上時期の考え方について解説する。 

(298KB, PDF)
お役に立ちましたか?