ナレッジ

差入保証金の会計処理および評価

小売業の会計シリーズ11

小売業において、第三者から土地、建物を賃借することで出店を行う場合には、差入保証金が発生することになります。本稿では、このような差入保証金の概要、会計処理および評価について解説します。

小売業界において、各地域で店舗の出店を行う方法としては、自社で土地および建物の購入を行う場合や建物の建設自体を行う場合、また、第三者から賃貸を行う場合がある。その中でも一般に、賃貸物件を利用して出店を行う場合が多いことから、差入保証金が多額に発生することになる。
本稿では、このような差入保証金の概要、会計処理および評価について解説する。

(76KB, PDF)
お役に立ちましたか?