最新動向/市場予測

インドネシア地方都市の小売市場

成功の鍵を握るトラディショナルトレード攻略への示唆

インドネシア駐在のコンサルタントがインドネシア五大都市の一つ、スマランにおける小売市場の現状をお伝えします。また、地方都市での成功の鍵を握るトラディショナルトレード攻略およびその実現に向けたポイントを解説します。

関連コンテンツ

インドネシア地方都市の小売市場

世界第4位の2億4千万人以上の人口を有し、着実な経済成長を遂げているインドネシアが消費市場として注目を集めている。インドネシアの小売市場の特徴の一つとして高いTraditional Trade比率が挙げられるが、首都ジャカルタに限ってみるとModern Tradeの急速な浸透の印象が強い。大通り沿いを中心として大規模なショッピングモールが林立し、食品や日用雑貨を中心に扱う小型スーパーマーケットをいたる所で目にする。
では、地方都市の小売市場の現状はどのようになっているのだろうか。本稿では、インドネシアにおける小売市場の現状について、筆者が先日訪れた五大都市の一つ、スマランを例にとってお伝えする。
(著者:インドネシア駐在、柏木茂輝、Deloitte Consulting Southeast Asia、マネージャー)
 

(307KB, PDF)

関連コンテンツ

お役に立ちましたか?