ナレッジ

リース取引の会計処理

小売業の会計シリーズ13

小売業において、第三者より土地や建物をリースして出店を行なう場合、該当するリース取引がファイナンス・リース取引に該当するのか、オペレーティング・リース取引に該当するのかに伴い会計処理が異なります。本稿では、このようなリース取引の概要及び会計処理について解説します。

関連コンテンツ

リース取引の概要及び会計処理の内容

【目次】
1.はじめに
 リース取引の概要及びリース取引が行われる目的
2.リース取引の定義及び分類
 会計基準上のリース取引の定義及び分類
3.リース取引の会計処理
 事例に基づき仕訳を行い、リース取引の分類間の違いを記載
4.リース取引の実務上の留意点
 ファイナンス・リース判定の留意点、リース契約管理上の留意点を記載

(PDF,313KB)

関連するサービス

オムニチャネル戦略(流通業向け)
顧客起点で、あらゆるチャネルをシームレスに融合させ、顧客経験価値を高める「オムニチャネル戦略」の実現に向けた変革を、スピーディーかつ実効性ある形で、支援します。

東南アジアへの進出の鍵「現地の実態を理解する」
東南アジアへの進出を考える際には、現地語・現地人脈を活用した情報収集と、現地理解に基づく市場アセスメント・戦略策定が欠かせません。デロイトは500名以上の現地人コンサルタントと数十名の日本人駐在コンサルタントを有しており、デロイト トーマツ グループはこの体制を活かして各種アセスメントや進出戦略策定をご支援しています。

リース・クレジット会社向けのIFRS対応支援
デロイト トーマツ グループでは、多様なニーズに対応すべく、会計関連アドバイザリー、教育研修プログラムサポート、IFRS導入におけるプロジェクトマネジメントサポート、IFRS導入に伴う新システム構築サポート、決算早期化サポート、などニーズに応じた多様なサービスを提供しています。

お役に立ちましたか?