ナレッジ

売価還元法の適用における留意点

小売業の会計シリーズ3

小売業においては、棚卸資産の評価方法として一般的に売価還元法が用いられています。本稿では、売価還元法を適用する場合の諸留意点について解説します。

関連コンテンツ

売価還元法の適用における留意点

小売業においては、棚卸資産の評価方法として一般的に売価還元法が用いられている。売価還元法とは、小売業等のように取り扱い品種が極めて多く、品目別の原価で評価することが難しい場合に、棚卸資産のグループごとにその売価合計額から原価合計額を計算する方法である。本稿では、売価還元法を用いる際の計算方法や、適用時の留意点について解説する。 

(303KB, PDF)
お役に立ちましたか?