ナレッジ

小売業における収益認識に関する会計処理

小売業の会計シリーズ12

小売業においても、近年の事業内容の多様化・複雑化に伴って収益認識に係る会計処理の判断も困難性が増しています。本稿では、小売業における収益認識に係る会計処理を考える際に論点となる事項について解説します。

関連コンテンツ

小売業における収益認識に関する会計処理

近年における小売業の物品の販売形態や提供するサービスの種類は日進月歩で多様化している。従来の店頭における商品の販売だけにとどまらず、消費者の利便性を追求した新たなサービスが登場し続けている。このような新たな取引形態の中には、会計基準上明文化されていない取引等もあり、会計処理を行うにあたり、検討すべき論点があると考えられる。本稿では、小売業における収益認識に係る会計処理を考える際に論点となる事項について解説する。

(317 KB)

関連するサービス

オムニチャネル戦略(流通業向け)

顧客起点で、あらゆるチャネルをシームレスに融合させ、顧客経験価値を高める「オムニチャネル戦略」の実現に向けた変革を、スピーディーかつ実効性ある形で、支援します。

東南アジアへの進出の鍵「現地の実態を理解する」

東南アジアへの進出を考える際には、現地語・現地人脈を活用した情報収集と、現地理解に基づく市場アセスメント・戦略策定が欠かせません。デロイトは500名以上の現地人コンサルタントと数十名の日本人駐在コンサルタントを有しており、デロイト トーマツ グループはこの体制を活かして各種アセスメントや進出戦略策定をご支援しています。

お役に立ちましたか?