ナレッジ

業界展望2017~旅行・ホスピタリティ

2016年、世界経済の変容やイノベーション、消費者需要の高まりをはじめとする様々な要因によって、旅行・ホスピタリティ業界の状況は一変した。2017年も同様の状況が予測される。ディスラプション(創造的破壊)を引き起こす要因と、それらが2017年の旅行・ホスピタリティ業界に与える影響について検討します。

関連コンテンツ

世界経済、消費者需要、テクノロジーの変化により、旅行・ホスピタリティ業界の状況は一変した。さらに我々は数ヶ月先の状況を予想できるだろうか。「業界展望2017~旅行・ホスピタリティ」では、旅行・ホスピタリティ業界に変化を促す4つの要素がいかなるディスラプションを引き起こしているかについて考察を深める。

  • 経済:消費意欲の高い消費者と労働市場の改善により、2017年の旅行・ホスピタリティ業界は有望な市場となる。
  • 消費者の志向:消費者は、本格性、パーソナライズされた体験、ストレスの排除、そしてオンデマンド機能に期待している。
  • 新たな可能性をもたらす技術:拡張現実(AR)や仮想現実(VR)、モノのインターネット(IoT)が旅行体験を変容させうる。
  • プラットフォーム:2017年を通して、有益なM&Aや戦略パートナーシップが予想される

今後迫ってくる数々の課題を前に、貴社のビジネスはいかにして競争力を保つのだろうか。

 

原文(英語)レポートは以下よりご参照頂けます。

2017 travel and hospitality industry outlook.pdf

(467MB, PDF)
お役に立ちましたか?

関連トピック