最新動向/市場予測

東京への統合型リゾート(IR)誘致で、日本は世界有数のゲーミング市場に

日本版IRの投資規模は約50億ドル超の可能性

東京にカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致に成功した場合の投資規模は、50億ドルを超える可能性を秘めている。

関連コンテンツ

日本はマカオに次ぐ世界第2位のゲーミング市場規模になる

株式会社オータパブリケイションズが発行する「週刊ホテルレストラン(2014年1月10-17日号)」掲載記事「日本はマカオに次ぐ世界第2位のゲーミング市場規模になる」において、デロイトのトラベル ホスピタリティ & レジャーインダストリーのグローバルリーダーであるAdam Weissenberg氏と、USリーダーのVal Bauduin氏のインタビュー内容が紹介されました。
両氏はインタビューの中で、仮に日本が東京にカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致に成功した場合の投資規模は、「50億ドルを超える可能性を秘めている」とした上で、多くの海外のカジノオペレーターが「日本のカジノマーケットに参入したいと思っている」と紹介しました。また両氏は、日本が統合型リゾート(IR)のモデルとするシンガポールの事例を通じて、IRを観光の起点とする上での重要なポイントとして、「LCCが増えることで、料金だけでなく、フライト数が増え、インバウンド数に影響を与えること」を挙げました。

(592KB,PDF)
お役に立ちましたか?