サービス

フィージビリティスタディ(市場分析、成立可能性分析)

デロイト トーマツ グループは、ホテル・不動産開発における新規事業可能性の検討を支援します。

関連コンテンツ

開発事業における確かな意思決定のために

不動産の新規開発やリノベーション等を検討する際には、当該事業の「市場分析及び成立可能性分析(フィージビリティスタディ)」をもとに、経済合理性に基づく判断並びに事業化の意思決定を行う必要があります。また、当該事業の関係当事者との利害調整のため、客観的で説得力のあるフィージビリティスタディが必要となるケースも考えられます。

特に、賃貸収益物件としてホテルやテーマパーク等のオペレーショナルアセットの開発を検討する場合、これらアセットは賃料相場が形成されているオフィスや共同住宅等と異なり、ホテルを経営することによって得られる総営業利益(GOP)をもとに賃借人の負担可能賃料を把握する必要があり、そのGOPを把握するためのフィージビリティスタディが不可欠のアセットであると考えられます。また、これらアセットについて直営方式や運営委託方式を前提として検討する場合においても、同様の分析が有用です。そして、これら分析においては豊富なデータ蓄積やノウハウが必要とされます。

デロイト トーマツ グループでは、国内外から得られた豊富な蓄積データや分析ノウハウを活用し、事業面、財務・税務面、不動産面から、各アセットに適応した手法に基づくフィージビリティスタディを提供するとともに、事業実行後の様々な局面における計画実行支援を行います。

フィージビリティスタディの主な内容
•事業目的・計画アセットタイプの確認
•企業が抱える課題やリスクの確認
•対象不動産の確認
•経済動向、法制・税制等の改正の把握
•商圏分析
•周辺エリアの平均客室単価(ADR)、稼働率の把握
•競合物件調査
•消費者行動把握
•観光客入込客数の推移
•訪日外国人客数の推移
•適正賃料の把握
•オペレーショナルアセットについて、総営業利益(GOP)をもとにした支払可能賃料の把握
•不動産運営費用項目の把握
•IRR分析 等