サービス

店舗不動産の事業採算性分析

デロイト トーマツ グループは、店舗不動産の事業採算性を分析し、貴社の最適な店舗展開を支援します。

関連コンテンツ

貴社の店舗展開を通じた成長のために

外食、小売、レジャー等の店舗運営を行う企業が新規出店や撤退等の店舗展開に関する意思決定を行う際には、店舗ごとの適切なパフォーマンス把握に基づいた、投下資本やその他経営資源の最適配分の検討が欠かせません。
この場合、不動産の視点が特に重要となりますが、これらの企業は、店舗不動産を自ら保有したり、関係会社で保有してグループ間で賃貸借を行ったり、第三者から賃借するなど、その店舗不動産の保有・賃貸借状況はさまざまなケースが考えられます。

一方、各店舗の運営の結果上がってくる営業利益は、店舗不動産を自ら保有している場合は、当該企業の店舗運営における収益と不動産保有に帰属する収益が合計されたものとして把握されるため、店舗運営における収益は明示的に把握されていません。また、グループ間賃貸借が行われている場合は、その賃貸借条件の設定内容によっては、マーケット水準と乖離している可能性があり、その場合も本来の店舗運営における収益が把握されていないことになります。したがって、これらの場合、店舗ごとの正確なパフォーマンスが把握されていないまま店舗展開に関しての意思決定がなされている可能性があります。

店舗ごとのパフォーマンスを正確に測定するには、店舗運営における収益と不動産保有に帰属する収益を正しく峻別し、かつ、不動産マーケットの分析結果を反映させることが必要であり、それにより、保有・賃貸借状況が異なる店舗間でも、統一的な目線で比較分析することが可能となります。
デロイト トーマツ グループでは、事業収支・不動産収支の分析ノウハウや不動産マーケットについての情報力を活用し、店舗ごとの適切なパフォーマンス測定をサポートし、店舗展開戦略や不動産戦略の検討に関するアドバイスを提供します。