ナレッジ

ビジネスアナリティクスは一時的流行で終わるのか?

一過性の流行で終わるか基本的ツールとして定着するか?

多くの企業が複雑なビジネスアナリティクスを導入している、あるいは導入を計画している今日、「これは、持続可能な価値主導の動きなのか、それともアナリティクスは、一時的流行で終わるのか?」という疑問が生じています。

関連コンテンツ

アナリティクスは一時的流行で終わるのか?

多くの企業が複雑なビジネスアナリティクスを導入している、あるいは導入を計画している今日、次のような疑問が生じています。すなわち、「これは、持続可能な価値主導の動きなのか、それともアナリティクスは、一時的流行で終わるのか?」という問いです。

 

アナリティクスの背景にある原理は長年にわたり、さまざまな潮流や名称の下に存在してきました。最新の形態である「ビジネスアナリティクス」はいまや流行語であり、企業にもたらしうる能力についての実際的な議論においてだけでなく、雑誌や商品を売るために頻繁に使われています。アナリティクスが進化するにつれ、それを表わす用語は、これからも変わっていくものと思われます。だとすれば、ビジネスの世界で「もうそのことはよく分かっている」という反応を見せる向きがあることも驚くにはあたりませんが、それで片付けてしまってよいものでしょうか?

(587KB,PDf)

Deloitte Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>デロイトアナリティクス:トップページ  >>5つのサービス特徴  >>サービスメニュー  >>最新レポート  >>事例  >>最新動向  >>外部リンク集  >>採用ページ

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

お役に立ちましたか?