ナレッジ

アナリティクスを利用し洞察を得るためには

プライシングと収益性にアナリティクスでインパクトを

ケーススタディと実例を通じて、先進的アナリティクスが従来の分析方法をどのように一変させうるか、また、どのような領域で効果的に応用できるかを説明します。

関連コンテンツ

洞察を掘り起こす

データが重要な企業資産となっていることに同意する向きは多いでしょうが、いくつかの疑問が残っています。より的確な意思決定を下すための洞察を得るためには、膨大な情報をどのように調べればいいのでしょうか?多くの意思決定者の悩みの種となっている「分析麻痺症候群」に陥ることなくデータを利用するには、どうすればいいのでしょうか?
 

(359KB, PDF)

Deloitte Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>デロイトアナリティクス:トップページ  >>5つのサービス特徴  >>サービスメニュー  >>最新レポート  >>事例  >>最新動向  >>外部リンク集  >>採用ページ

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

お役に立ちましたか?