事例紹介

Risk Analytics on Cloud導入事例(住友商事株式会社様)

有限責任監査法人トーマツ デロイトアナリティクスは、クラウドベースのリスク分析サービスとしてRisk Analytics on Cloudを提供しています。本記事では、住友商事株式会社様のRisk Analytics on Cloud活用事例を紹介します。

Risk Analytics on Cloud(リスク アナリティクス オン クラウド)は、大手国内監査法人初のクラウドベースのリスク分析サービスです。これにより、初期投資を抑えながらも最新のリスクに対応した分析を常時利用することが可能となり、適時・適切にリスク対応することができます。

Risk Analyitcs on Cloudのご紹介、個別アプリケーションのご紹介は、以下のページをご覧ください。
Risk Analytics on Cloud

内部監査における計画段階で監査対象会社のリスクを把握

住友商事株式会社
内部監査部

導入ツール:

Risk Analytics on Cloud 子会社分析

Risk Analytics on Cloud 経費労務分析

リスクアプローチ型内部監査のさらなる高度化を目指し、データ活用を含めた先進的な取り組みを行っています

背景

  • リスクアプローチ型内部監査のさらなる高度化を目指し、監査プロセスの高度化、IT監査の高度化、CAATによるデータ活用の推進により、監査の初期段階でリスクをより適切に把握して監査の有効性を高めるための一体的な取り組みを行っています。

 

アプローチ

  • データ活用の推進にあたっては、リスクアプローチ型内部監査のさらなる高度化という目的を踏まえ、監査の初期段階での網羅的なリスク識別と監査の事前準備の標準化・早期化を目的としています。
  • データ活用に用いるツールの選定は、自社でリスクシナリオを検討して開発を行うには導入まで時間がかかることから、デロイトの豊富な事例を基としたリスクシナリオがあらかじめセットされているRisk Analytics on Cloudを利用することでスピーディーな導入を行い効果検証を実施しています。
  • 効果検証の結果を踏まえてデータ活用について自社でAnalyticsの仕組みを構築することも含めて検討を行う予定です


効果

  • 子会社財務分析においては、過去数年分の全子会社の連結精算表データの投入により、売上高、利益、債権、在庫などの経年推移、子会社間の比較を実施して、事業状況の理解や異常な推移となっている財務指標を把握することで網羅的なリスクの識別が可能となりました。
  • 経費労務分析においては、データの活用により、スピーディーに網羅的で実効性の高いリスク評価が可能となりました。
  • また、 分析結果を内部監査の初期段階で監査チームが把握することで事前質問や追加資料依頼がタイムリーに行えるようになりました。

 

Risk Analytics on Cloudの導入で事前準備を充実することで、往査時の負担を軽減して実効性の高い監査が可能となります

※画像をクリックすると拡大表示します

Deloitte Analyticsトップページへ戻る

サービス内容等に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

オンラインフォームより問い合わせを行う

お役に立ちましたか?