サービス

マシン保守高度化サービス

データ活用による価値の創出に向けて

産業機械やコンシューマ機器などのプロダクトから生成されるデータを活用し、予防保守の実現や保守業務の効率化を通じた製造業の競争力の強化を支援するサービスです。

マシン保守高度化サービス 資料ダウンロード

マシン保守高度化サービス 資料のダウンロードは、こちらからお願いいたします。

(554KB,PDF)

“個客コミュニケーション”による価値提供

マーケットの多極化や、製品のコモディティ化の進展により、多くの企業にとってモノ作りや業務改善だけで競争優位を形成することは難しくなってきました。一方で、デジタル化の進展に下支えされたイノベーションは、小売業や消費財業界だけに留まらず、製造業のサービス強化といった側面でも活用され始めています。昨今では、自社製品から生成されるデータを収集して分析し、サービス強化や価値創造に繋げる成功事例が増えてきました。

例えば保守業務もその一つです。機器が生成するマシンデータ・センサデータを収集して分析する事により、顧客毎の使用状況等を把握し、メンテナンスの時期や保守作業の効率化を行うことはもとより、製品使用に関するアドバイスを顧客に提供することが可能です。個別の顧客単位での「個客コミュニケーション」を実現することによって、新たな価値提供や、顧客満足度向上につながります。

マシン保守高度化サービスの効果

データ活用を成功させるポイント

データ活用のスキームを自社で構築し、価値を生み出すためには「①良質なデータを生成して収集する」、「②収集されたデータを適切なアプローチで分析する」、「③分析の結果を価値あるアクションに繋げて確実に実行する」といった要素をおさえておく必要があり、製品・サービス設計、オペレーション、数理統計、ITなど多方面の専門知識が要求されます。

デロイト トーマツ グループでは、戦略系コンサルタントとアナリティクスの専門家が協働することにより、戦略策定、オペレーション変革、分析モデル構築まで包括的なサービスを提供することが可能です。

高度化された保守サービス

サービスアプローチ

デロイト トーマツ グループでは新たなビジネスモデルの企画立案の支援から、戦略やスキーム構築まで幅広く支援することが可能です。

導入期のクライアントへのサービスプロセス

導入期のクライアントに対しては、分析の試行からビジネスモデルの検討を支援します。

新サービスモデルの定着に向けた支援

企業のデータ活用の成熟度に応じた支援を行います。現行のサービスモデルの改良や、新たなサービスの定着に向けたオペレーション変革の支援など多様なサービス形態に対応可能です。

導入期のクライアントへのサービスプロセス

新サービスモデルの定着に向けた支援

Deloitte Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>デロイトアナリティクス:トップページ  >>5つのサービス特徴  >>サービスメニュー  >>最新レポート  >>事例  >>最新動向  >>外部リンク集  >>採用ページ

 

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。