最新動向/市場予測

デロイト トーマツ エネルギー フォーラム 開催のご報告

電力システム改革の道筋と電力ビジネスが直面する課題、米英両国における電力システムと原子力政策の現状と課題

エネルギー業界にとって極めて重要な課題と言える「電力システム改革」と「原子力政策」に焦点をあて、欧米の先行事例に学ぶことが重要であると考え、海外の識者を招いてデロイト トーマツ エネルギー フォーラムを開催いたしました。 当日は米国連邦エネルギー規制委員会(FERC)コミッショナー Philip Moeller氏をはじめ多くの専門家に講演いただき、350名を超えるご参加者を迎え、盛況のうちに閉会いたしました。

関連コンテンツ

デロイト トーマツ エネルギー フォーラム

資源・エネルギーグループでは、エネルギー業界にとって極めて重要な課題と言える「電力システム改革」と「原子力政策」に焦点をあて、欧米の先行事例から得られる示唆に学ぶことが重要であると考え、海外の識者を招いてデロイト トーマツ エネルギー フォーラムを開催いたしました。

当日は米国連邦エネルギー規制委員会(FERC)コミッショナー Philip Moeller氏をはじめ多くの専門家に講演いただき、350名を超えるご参加者を迎え、盛況のうちに閉会いたしました。

【日時】2013年1月31日木曜日13:00 ~17:30
【場所】ホテルオークラ東京本館1F 平安の間
【参加料】無料
【定員】200名
 

お役に立ちましたか?