最新動向/市場予測

石油ガス産業が直面する重要課題 (2014年版)

Oil and Gas Reality Check 2014

デロイト・グローバルでの資源エネルギーグループが2014年における石油ガスセクターの5つの重要なチャレンジのご紹介及びそれらのトレンドに対するデロイトの見解をお伝えします。

関連コンテンツ

エネルギーマーケットは再編の荒波に揉まれる

2014年版石油ガス産業の現状報告書は、石油ガスセクターの5つの主要なトピックに関する見解と、それぞれの業界参加者及び権益保有者が直面するであろう事象のアウトラインを紹介しています。

 これらのトピックは2013年版「石油ガス産業の現状報告書」からの連動性はあるものの、今年度のテーマに関連する示唆や推測の多くは異なるものであり、年が変ることでそれぞれの根底をなす業界の原理にも変化がもたらされています。これらの原理には、マクロ経済の状況や、需要と供給のバランス、規制の構図、コストの構成要素、商品価格、競争行動、地政学的な影響(現在は特に顕著である)、そしてこれに関連した外交ツールとしてのエネルギー利用が含まれます。

このレポートでは以下の5つの主要トピックを取り上げます:

 •グローバルエネルギー – 北米の革命

 •エネルギー供給:新たな供給元、新たな地政学

 •エネルギーミックス: グローバルな燃料序列の変化

 •エネルギー生産:新たなプロジェクト管理戦略を必要とする石油・ガスのメガプロジェクト

 •エネルギーのナショナリズム: 「欲望」、「恐れ」、「プライド」が原動力

(PDF/4.5M)
お役に立ちましたか?