調査レポート

資源エネルギー産業のリスクインテリジェンス

企業リスクマネジメントのベンチマーク調査

世界の100以上の資源・エネルギー関連企業にアンケート調査を行い、企業リスクマネジメント(Enterprise Risk Management)に関して、Governance、Process、People、Technologyの観点から実態を取りまとめました。

関連コンテンツ

資源エネルギー産業のリスクインテリジェンス

資源エネルギー不足と気候変動が重要なテーマであるこの変動する世界の中で、資源エネルギー関連企業は、多くのリスクに直面しています。
分散型発電またはシェールガス革命のような革新的なテクノロジー、安全性の確保、インフラの劣化、操業停止、天候不順、温室効果ガスの排出は、彼らが直面するリスクの一つです。
いくつかの伝統的な危機管理アプローチが過去には産業の成長を支えてきましたが、新たなリスクの範囲、複雑さと相互依存の状況は多くの資源エネルギー関連企業により広範囲で相互に連関したアプローチを採用すること強いています。
この調査の結果は、資源エネルギー関連企業に対してベンチマークを示し、現在のベストプラクティスを示すことで自社のERM評価のための情報を提供するとともに、資源エネルギー業界における危機管理のための新たなトレンドを提供します。

このサーベイは、100以上の回答が世界中から寄せられ、エネルギーと資源産業の異なるセクターからの回答と、世界のすべての地域からの回答を得て作成されております。

日本語のエクゼクティブサマリーを添付いたしますが、実際の本文につきましては、リンク先のDeloitte Global siteより入手ください。

(468KB,PDF)
お役に立ちましたか?