調査レポート

2014年版:鉱業会社の直面する10の課題

Tracking the trends 2014- 鉱業会社が今後直面する10の課題

鉱業価格の大幅な変動に晒され、特に下落局面にある資源価格を背景に、鉱業会社が実施するマイニングオペレーションにおいて、懸念される10の課題について、多数の鉱業関連のコンサルティング業務に従事しているDeloitteが詳細な分析を致しました。

関連コンテンツ

Tracking the trends 2014

豪州・南アフリカを始め鉱物資源業界のコンサルティング業務に多数携わっているデロイト トーマツ グループにおいて、毎年継続的に発行を続けている「鉱業会社が今後直面する10の課題」をご紹介させて頂きます。

鉱物資源業界においては、長期の需要のファンダメンタルは依然強い一方で、インフレーション、鉱物資源価格の下落、需給の不均等及び生産性の減少など、今後の数年で鉱業会社が直面する課題が浮き彫りになっています。単純にマーケットの回復を待っているというオプションはありません。 改革を持続し、中小規模・大規模の企業が互いに協力して、現在の逆風に立ち向かうことが必要です。

この「鉱業会社が今後直面する10の課題」を通じて以下の傾向及び数値を知って頂くことが出来ます。
•鉱業関連に従事する労働者の少なくとも1/3は、今後10年以内に引退する
•この2年に渡り750億米ドルの減損損失が認識され、プロジェクト継続における主要な資金配分問題を引き起こしています
•致命的な事故の割合は1993年から2011年の18年間で24%下落しました、しかし、それは非致死性の事故の割合が51%低下したことと足並みが揃えられていません。 

(757KB,PDF)
お役に立ちましたか?