ナレッジ

Turkish and Global Outlook

高発熱石炭エネルギーに関するInsights

20年以上に亘りエナジー・セクターで培った知見をもって、デロイト・トルコのエナジー&資源チームが作成したレポートをご紹介します。

関連コンテンツ

Turkish and Global Outlook - 高発熱石炭エネルギーに関するInsights

石炭エネルギーは環境保全において悪名高き存在ではありますが、世界のエネルギー供給を考える際、石炭エネルギーのシェアを無視することは限りなく不可能です。特に昨今の新興市場では、エネルギーの需要が高まっている傾向にあり、相対費用の面や権益取得において有利な面からも、石炭エネルギーは注目を集めています。

石炭消費の分析によれば、電気発熱セクターにおいては、2012年に38億トン以上の消費がなされ、石炭消費をリードし続けており、トルコにおいても同じ様な状況が見られます。

トルコの電力市場において、石炭を輸入する特定規模電気事業者PPSの設備容量は2013年末には3.9GWを超えました。また、トルコの電気需要の増加や輸入石炭の経済的利点の影響を受けて、石炭を輸入する特定規模電気事業者PPSは来年には大きな成長が見込まれています。2014年の最初の7ケ月の間には、更に950MWの設備容量が追加でグリッドに接続されました。トルコの電力市場における輸入石炭による火力発電の動向は、2011年以来の天然ガス投資の傾向に類似した動きを見せています。

天然ガス発電の不安定さや褐炭プロジェクトの予期せぬ遅延が、権益が取得しやすくより安価なエネルギー供給の存在としての硬石炭へ投資家たちを導いています。その結果、多くの輸入石炭による火力発電プロジェクが浮上しています。更に、7つの輸入石炭による火力発電所が稼働しており、33の特定規模電気事業者PPSによるプロジェクトが現在建設中あるいは評価段階に入っています。これらは投資家の志向の重要性を示しています。

しかしながら、輸入石炭による火力発電所に適したほぼ全ての地域において極めて多数のプロジェクトが進行している一方、ごれらのプロジェクトのいくつかは自然と競争が成り立たなくなっている状況です。そのような石炭プロジェクトが深刻な環境問題を招くことが懸念されています。

中国における石炭需要の増加や、各国のカーボン政策、石炭価格によるUSシェールガス製造へのインパクトなどといったグローバル・トレンドが、石炭の価格を左右する主な決定要因となっています。

20年以上に亘りエナジー・セクターで培った知見をもって、デロイト・トルコのエナジー&資源チームが作成したレポートをご紹介します。

全文はDeloitteトルコ事務所の外部向けWebsiteに掲載されています。本文(英文・全32ページ)はこちらからご覧ください。

お役に立ちましたか?