サービス

CSR・サステナビリティ(再生可能エネルギーセクター)

グローバル化、地球温暖化対応、各国の法制度改訂、ステークホルダーの意識変化など、企業を取り巻く環境は急激に変わってきています。その中で、企業のCSR・サステナビリティ戦略の1コンポーネントとして、再生可能エネルギー事業も注目されています。デロイト トーマツ グループでは、全社的なCSR・サステナビリティ戦略と連携を図りながら、企業の再生可能エネルギー事業に対するサポートを提供いたします。

関連コンテンツ

CSR・サステナビリティ

CSR戦略立案支援
地球温暖化、各国の法制度改訂、ステークホルダーの意識変化など、企業を取り巻く環境は急激に変わってきています。その中で、企業のCSR戦略も見直しを迫られています。企業価値の保護(バリュープロテクション)と企業価値の向上(バリュークリエイション)の両面から、リスクと機会を分析し、CSR戦略を立案するための支援をします。

CSRモニタリング・報告体制構築支援
個々のCSR活動のパフォーマンスを適切に把握することは、CSRのPDCAサイクルを回す上でも、外部への説明責任を果たす上でも、必須の活動です。また海外グループ会社やサプライヤー等、状況を把握すべき対象は拡大しています。パフォーマンス情報の報告体制構築と、活動状況の客観的なモニタリング体制の構築および実施を支援します。

CSRレポート作成支援
CSRレポートは、自社の活動を総括し、ステークホルダーの情報ニーズに適切に応えるための情報開示ツールです。また一方で、その内容の信頼性に対する社会の要求は年々高まっています。他社とのベンチマーキング、基本構想の立案、ライティング、信頼性担保の方法検討など、レポート作成の各段階での検討を支援します。

CSR/環境会計導入支援
CSR・環境会計とは、CSR・環境活動に関わるコストと効果を分析するためのツールです。CSR・環境会計の導入によって、自社のCSR・環境活動を数値で表すことが可能になります。一見わかりにくいCSR・環境会計も、シンプルに導入すれば、様々な経営上のメリットが期待でき、社内外の評価も高まります。

サステナビリティ
サステナビリティ戦略はグローバル市場において競争優位を構築する必須の戦略となりました。環境対応や社会貢献という次元から、“事業に社会課題解決力を埋め込み、事業の成長規模に連動して社会課題解決力も大きくなっていく製品・サービス、ビジネスモデル、バリューチェーンの構築”に向けた一連の戦略行動をサポートします。