サービス

リスクマネジメント(鉱物資源セクター)

鉱物資源産業におけるリスクマネジメントは、特に日本企業が投資を行う海外権益投資において、オペレーター/ノン・オペレーターとしての関与方法により大きく異なります。デロイト トーマツ グループとして資源国における豊富なリスクマネジメント関連サービスへの関与経験を保有し、これらの経験を活かしたリスクマネジメントサービスを海外投資を目指す日本企業のニーズを把握して実施いたします。

関連コンテンツ

リスクマネジメント

日本企業の鉱物資源分野での更なる成長をリスクマネジメントの観点から支援します

鉱物資源業界は、中国・インド需要の成長を前提に長期の需要引き合いは依然強い一方で、目の前の経済環境は、鉱物資源価格の下落、需給の不均等及び生産性の減少などの課題に直面しています。
単純にマーケットの回復を待つというオプションはありません。 改革を持続し、各企業が互いに協力して、現在の逆風に立ち向かうことが必要です。
この状況の中で、オペレーターとしての本格的な進出局面では鉱物資源関連企業は、無数のリスクに直面しています。
政治的不安定、安全性の確保、インフラの劣化、操業停止、天候不順、温室効果ガスの排出は、直面するリスクの一つです。
その複雑さと相互依存の状況は多くの鉱物資源関連企業により広範囲で統合したリスクアプローチを採用することが必要となってきます。

デロイト トーマツ グループは、グローバルに展開する鉱物資源関連企業(資源メジャー含む)に対して既に豊富なリスクマネジメントのサポート実績を蓄積しており、海外進出を行う日本の企業に対して、先進企業のベンチマークを参考に、貴社に合ったリスクマネジメント評価のための情報を提供し、そのリスクを解決するための提案を、経験豊富な海外チームと一体となりサービス提供をしてまいります。