サービス

事業戦略(再生可能エネルギーセクター)

世界的にも発電に占める再生可能エネルギーの割合は飛躍的に向上してきており、純粋な発電事業から、スマートコミュニティの形成まで今後ますます再生可能エネルギーが担う役割は可能性が広がっていく事が予想されます。 一方で、立ち上げ期に再生可能エネルギー導入の後押しとして講じられた各国の政策が段階的に見直されていき、今後再生可能エネルギー事業においては、適切な事業戦略のもと投資、開発、運用する事が重要になってきています。

関連コンテンツ

事業戦略

再生可能エネルギー事業に戦略を
国内の再生可能エネルギー事業は、2012年に導入された再生可能エネルギーの固定価格買取制度の後押しにより、太陽光発電を中心に数多くの案件開発が行われました。その後太陽光については順次買取単価が引き下げられ、導入促進の追い風は弱まってきています。今後電力業界の制度改革も控えており、事業環境の変化(ビジネスチャンス)が訪れる可能性も在ります。今後の環境変化をしっかりと把握し、戦略を立案し、着実に実行する事が重要です。

事業戦略にかかわるデロイト トーマツ グループのサービス
・事業環境調査(マーケット・事業環境・法制度・規制調査・規制環境・技術動向 等)
・事業戦略立案(エリア・電源ポートフォリオ・アセット・オペレーション 等)
・戦略実行支援(プログラム・マネジメント・オフィス)
・案件開発支援(電力会社・行政との調整支援)