ナレッジ

CFO向け季刊情報誌 『百家争鳴』

日本市場におけるCFOの重要性が高まる一方で、CFOに向けて発信される情報は多くはありません。CFOプログラムでは、デロイト トーマツ グループの各領域の専門家による編集のもと、四半期に1回「百家争鳴」を発行し、企業を取り巻く様々な課題を取り上げ、経営に携わるCFOの考えに示唆を与える情報を提供していきます。誌名の「百家争鳴」は、多くの識者や専門家が遠慮なく、自由に自説を発信、活発に論争し合うことを意味しています。

関連コンテンツ

お役に立ちましたか?