ナレッジ

BPRを問い直す

グローバル深化の時代のファイナンス オペレーション

企業が業務最適化を実現していくための経営手法であるBPRについて、グローバル環境下におけるファイナンスオペレーションのあり方という観点から問い直し、課題を再整理した上で、実現の方向性を考察する。

BPRを問い直す(上)

企業が業務最適化を実現していくための経営手法であるBPRについて、グローバル環境下におけるファイナンスオペレーションのあり方という観点から問い直し、課題を再整理した上で、実現の方向性を考察します。
本稿では、グローバルレベルでBPRが求められている背景やCFO組織が果たすべき重要な役割であるファイナンスオペレーションにおけるBPRの意義、そして、それを実行する際の進め方の概略を述べます。 

(403KB, PDF)

BPRを問い直す(下)

前号では、BPR を成功裏に実行するためのポイントとして、「標準化」、「自動化」、「集約化」の3つの視点を挙げ、概要を説明しました。本稿では、この3つの視点毎に重要な論点について解説し、グローバルレベルで最適化されたファイナンスオペレーションの構築に向けた議論を展開します。 

(768KB, PDF)
お役に立ちましたか?