ナレッジ

グローバルサーベイにみる為替リスク管理の現状2016年版

Global Foreign Exchange Survey 2016

グローバル FX サーベイは、企業がグローバルレベルで抱える為替管理における課題や、管理体制/ヘッジ戦略、プロセス、システム等について調査しており、本ページはその結果概要(抄訳版)となります。

2016年版 グローバル FX サーベイ結果概要(抄訳版)

Deloitteは、グローバルレベルでの為替リスク管理に関する実態やトレンド把握を目的に、各国のメンバーファームが共同し、グローバル企業を対象とした本サーベイを実施しました。

近年、為替がビジネスに与える影響は大きく、企業として為替リスクは無視できないものとなっています。2015年は、米ドルの急騰により、米企業は何十億ドルもの減収を余儀なくされました。また、原材料価格の大きな変動や人民元が、特別引出権(SDR)バスケットに含まれるなど、通貨市場は新たな展開を見せています。

2016年も、金利政策や量的金融緩和、ペッグ解除、OECD’s Base Erosion and Profit Shifting(BEPS)主導の国際課税ルールの変更といった各種施策が実行され、不確実性の高い状況が続いています。為替変動リスクが増大することは、決算後の利益や、未実現為替差損益に対する課税金、グループ内取引にさえ直接的に影響します。

そうした状況の中、企業においては、引き続き、為替リスク管理能力が試される状態が続いており、マネジメント層やCFOには、自社のトレジャリーチーム(財務部門)が、自ら課題を解決し、通貨に関連する価値の浸食を回避できるようなリスク管理体制の構築を推進することが求められていると考えられます。

本サーベイは、企業がグローバルレベルで抱える為替管理における課題や、管理体制/ヘッジ戦略、プロセス、システム等について調査を実施しており、本ページはサーベイ結果概要(抄訳版)となります。 

調査回答企業属性

本サーベイは、グローバル企業133社からご回答を頂きました。

画像をクリックすると大きなサイズでご覧になれます。

過半数の企業において、外貨エクスポージャーの把握が重要課題に

多くの企業が、「外貨エクスポージャーの可視化や予測の精度」、「新興市場や外貨規制市場のボラティリティ」、「マニュアルによる外貨エクスポージャーの特定や把握のプロセス」に課題があると回答されました。リスク管理の前提となる定量的なリスクの把握に課題感を持つ背景としては、グローバルにビジネスが拡大するスピードに、為替リスク管理体制の構築が追いついていないことが考えられます。

画像をクリックすると大きなサイズでご覧になれます。

為替リスクに関する情報がマネジメントに共有されていない

37%の企業が、マネジメント層に対して「十分な為替リスクに関する情報(為替リスク及び為替リスク管理実績等)を共有できていない」と回答しており、そうした状況はマネジメント層やCFOの積極的な経営判断や施策の決定、業務の改善等に制約をもたらします。トレジャリーチーム(財務部門)は、為替リスク及び為替リスク管理実績を報告すると共に、キーとなる為替リスクに関連する財務方針や財務戦略の見直しを適切に行えるようなコミュニケーションをマネジメント層と図るべきです。

 

マネジメント層に対して、明確なルールに基づき為替リスクに関する報告をしているか?

進むトレジャリー体制の集約化(Centralized)

オペレーションモデル別に様々な項目に対するメリットを確認したところ、銀行との関係構築やヘッジコストの抑制など、複数の項目において、集約モデル(Centralized)の方が分散モデル(Decentralized)に比べてメリットがあると回答がありました。一方で、リスク判断やタイムリーな外国為替への対応については、分散モデルの方がメリットがあるとされました。明確な責任及び説明責任に基づく適切な外貨エクスポージャー管理については、集約モデルと分散モデルに意見が分かれました。なお。実態としては、82%の企業がインハウスバンクの一部として為替リスク管理の集約化を行っており、傾向としては集約化が進んでいます。

画像をクリックすると大きなサイズでご覧になれます。

求められるテクノロジーの活用

現状の為替リスク管理業務の効果を妨げる要因としては、「不正確な予測」、「予測変化に対するコミュニケーション不足」、「バリューチェーンにおける透明性の欠如」の3つが挙げられました。  業務の自動化レベルと業務精度/信頼性には直接的な相関性があることが分かっており、マニュアルでの業務管理は、業務に時間がかかることに加え、不正確な予測をもたらしていると考えられます。

実際に、62%の企業が、「事業部門からマニュアルで外貨エクスポージャー予測を取得している」と回答しており、36%の企業は、「外貨エクスポージャーの把握・特定プロセスにおいてExcelを活用」しており、システム化が進んでいない実態がうかがえます。為替リスク管理においては、テクノロジーを上手く活用しつつ、外貨エクスポージャーの可視化を進め、予測精度を向上することが重要であると考えられます。

 

画像をクリックすると大きなサイズでご覧になれます。
お役に立ちましたか?