ナレッジ

IASBが、年次改善(2010-2012年サイクル)を完了する

IAS Plus 2013.12.12

国際会計基準審議会(IASB)は、2010-2012年のサイクルで取り扱われた論点に対応して、IFRSs修正の集合体である「年次改善(2010-2012年サイクル)」を公表した。(IAS Plus 2013.12.12)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、2010-2012年のサイクルで取り扱われた論点に対応して、IFRSs修正の集合体である「年次改善(2010-2012年サイクル)」を公表した。本修正により、7つの基準が影響を受ける。

「年次改善2010-2012年サイクル」は、以下の基準に修正を行った。

IFRS 修正

IFRS第2号

「株式に基づく報酬」

権利確定条件の定義

「権利確定条件」と「株式市場条件」の定義を修正し、「業績条件」と「勤務条件」の定義を追加する(以前は「権利確定条件」の定義の一部分)。

IFRS第3号

「企業結合」

(他の基準に対する結果的修正を伴う)

企業結合における条件付対価の会計処理

資産または負債に分類される条件付対価は、各報告日に公正価値で測定されることを明確化する。

IFRS第8号

「事業セグメント」

事業セグメントの集約

事業セグメントに集約規準を適用する際に経営者が行った判断を開示することを要求する。

 

報告セグメントの資産の合計と企業の資産との調整表

セグメントの資産が定期的に最高経営意思決定者に提供される場合にのみ、企業は報告セグメントの資産の合計額と企業の資産との調整表を提供することを明確にする。

IFRS第13号

「公正価値」

(他の基準書の結論の根拠への結果的修正を伴う、結論の根拠のみの修正)

短期の債権債務

公表されたIFRS第13号、修正後IFRS第9号およびIAS第39号は、割引をしないことの影響に重要性がない場合には、表面金利のない短期の債権債務の割引を行わず、請求額の金額で測定できることを廃止するものではないことを明確化する。

IAS第16号

「有形固定資産」

再評価方式―減価償却累計額の比例的な修正再表示

有形固定資産項目が再評価される場合、帳簿価額の再評価と整合する方法で、減価償却累計額の控除前の帳簿価額は修正されることを明確化する。

IAS第24号

「関連当事者についての開示」

経営幹部

報告企業または報告企業の親会社に経営幹部サービスを提供する企業は、報告企業の関連当事者であることを明確化する。

IAS第38号

「無形資産」

再評価方式―償却累計額の比例的な修正再表示

無形資産が再評価される場合、帳簿価額の再評価と整合する方法で、償却累計額の控除前の帳簿価額は修正されることを明確化する。


本修正は、2014年7月1日以後開始する事業年度に発効するが、早期適用可能である。


IASBのプレスリリース (IASBのWebサイト)
年次改善プロジェクト (2010-2012年サイクル)に関するページ (IAS Plus)
ニュースレター「IFRS in Focus – IASBが年次改善 (2010-2012年サイクル)を公表」 (トーマツのWebサイト)

お役に立ちましたか?