ナレッジ

国際会計基準審議会(IASB)が、最新の作業計画表を公表

IAS Plus 2014.01.31

国際会計基準審議会(IASB)は、最近の会議を受けて、作業計画表を更新した。(IAS Plus 2014.01.31)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、最近の会議を受けて、作業計画表を更新した。減損および、分類および測定のIFRS第9号の限定的な修正の公表の目標期日として、2014年の第2四半期を予定していることが明確化され、IFRS第3号の適用後レビューに関する情報要請の公表が2014年第1四半期に前倒しされ、また多くのプロジェクトの再審議の予定期間が明確化された。また作業計画表は、持分法会計に関するリサーチ・プロジェクトの予備的作業の開始を反映している。

現状

主要プロジェクトについて、今回更新されたタイムテーブルは以下の通りである。

プロジェクト(PJ) 現状 次のPJステップ 予定時期
概念フレームワーク-包括的IASB PJ ディスカッション・
ペーパー
再審議 2014年第1-3四半期*
金融商品 - 減損 再審議 IFRSの公表 2014年第2四半期*
金融商品 -マクロ・ヘッジ活動の会計 リサーチ/審議 ディスカッション・
ペーパー
2014年第1四半期
金融商品-IFRS第9号(分類および測定)の限定的見直し 再審議 IFRSの公表 2014年第2四半期*
保険契約 再公開草案 再審議 2014年第1四半期
リース 再公開草案 再審議 2014年第1四半期
料金規制活動-暫定基準 公開草案 IFRSの公表 2014年第1四半期
料金規制活動-包括的PJ リサーチ/審議 ディスカッション・
ペーパー
2014年第2四半期
収益認識 再審議 IFRSの公表 2014年第1四半期

*:前回の作業計画表の更新から変更があったもの

限定的な範囲のプロジェクトに関する変更は以下のとおりである。

•「年次改善(2012-2014年サイクル)」の再審議が、2014年第2および第3四半期に延長された。
個別財務諸表での持分法の適用を許容するIAS第27号の修正案の再審議は、2014年第1および第2四半期の間に行われる。
•「IFRS第3号:適用後レビュー」に関する情報要請は、今回2014年第1四半期に公表することが予定されている。

さらに、IASBの持分法会計に関するリサーチプロジェクトは、リサーチ・アジェンダの「予備的作業を開始している」区分に移動した。

Deloitteのプロジェクト・ページ(作業計画表の更新およびその他の既知の変更を反映) (IAS Plus)
 

お役に立ちましたか?