ナレッジ

国際会計基準審議会(IASB)が、最新の作業計画表を公表

IAS Plus 2014.02.27

国際会計基準審議会(IASB)は、最近の会議を受けて、作業計画表を更新した。(IAS Plus 2014.02.27)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、最近の会議を受けて、作業計画表を更新した。収益認識の最終基準は、今回2014年第2四半期に予定されている。「ダウンストリーム」取引から生じる利得の消去および会計単位の公開草案は、投資者とその関連会社又は共同支配企業との間の資産の売却又は拠出の最終基準と同様に2014年第2四半期に延期された。多くのプロジェクト(概念フレームワークを含む)において、予定される再審議の期間が明確化され、IFRS第3号の適用後レビューにおける公開協議がアジェンダに追加された。

現状

主要プロジェクトについて、今回更新されたタイムテーブルは以下の通りである。

プロジェクト(PJ) 現状 次のPJステップ 予定時期
概念フレームワーク-包括的IASB PJ ディスカッション・
ペーパー
再審議 2014年第1四半期*
金融商品 - 減損 再審議 IFRSの公表 2014年第2四半期
金融商品 -マクロ・ヘッジ活動の会計 リサーチ/審議 ディスカッション・
ペーパー
2014年第1四半期
金融商品-IFRS第9号(分類および測定)の限定的見直し 再審議 IFRSの公表 2014年第2四半期
保険契約 再公開草案 再審議 2014年第1四半期
リース 再公開草案 再審議 2014年第1四半期
料金規制活動-包括的PJ リサーチ/審議 ディスカッション・
ペーパー
2014年第2四半期
または第3四半期*
収益認識 再審議 IFRSの公表 2014年第2四半期*

*:前回の作業計画表の更新から変更があったもの

限定的な範囲のプロジェクトに関する変更は以下のとおりである。

投資者とその関連会社又は共同支配企業との間の資産の売却又は拠出の最終基準は、今回2014年第2四半期に予定されている。
会計単位の公開草案は、今回2014年第2四半期に予定されている。
「ダウンストリーム」取引から生じる利得の消去は、今回2014年第2四半期に予定されている。
年次改善2012-2014の再審議は、2014年第2四半期に行われることが明確化された。
個別財務諸表における持分法を許容するIAS第27号の修正案の再審議は、2014年第1四半期末までに完了する予定である。
非支配持分に対する売建プットオプションのプロジェクトにおける次のステップは、2014年第2四半期において確定する予定である。
IAS第1号での負債の分類の明確化のためのプロジェクトは、正式にアジェンダに追加され、公開草案は2014年第3四半期に予定されている。
IFRS第3号の適用後レビューに関連した公開協議は、2014年第2四半期としてアジェンダに追加された。

Deloitteのプロジェクト・ページ(作業計画表の更新およびその他の既知の変更を反映) (IAS Plus)
 

お役に立ちましたか?