ナレッジ

IASBが、マクロヘッジに関するディスカッション・ペーパーを公表

IAS Plus 2014.04.17

国際会計基準審議会(IASB)は、デリバティブを利用して、エクスポージャーの動的ポートフォリオ(dynamic portfolios)に関するリスクをヘッジする会社に関連性のあるディスカッション・ペーパー(DP)を公表した。(IAS Plus 2014.04.17)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、デリバティブを利用して、エクスポージャーの動的ポートフォリオ(dynamic portfolios)に関するリスクをヘッジする会社に関連性のあるディスカッション・ペーパー(DP)を公表した。DPは、銀行がヘッジするポートフォリオの金利のヘッジの例に焦点を置いているが、議論された概念は、他のリスクに対して動的ポートフォリオ・ベースでヘッジする企業にも適用することができる。コメントの期限は、2014年10月17日である。

背景
IASBのマクロヘッジ会計に関するプロジェクトは、継続的に、かつポートフォリオ・レベルで、リスク・エクスポージャーを評価するリスク管理(すなわち動的ポートフォリオのヘッジ)を検討する。このリスク管理戦略のタイプは、エクスポージャーがヘッジされる対象期間にわたる傾向にある。その結果として、時が経過するにつれ、新しいエクスポージャーがヘッジされるポートフォリオに継続的に追加され、他のエクスポージャーがポートフォリオから取り除かれる。

この会計の分野は複雑であり、現行では、金利リスクのマクロ公正価値ヘッジモデルを含む、IAS第39号「金融商品:認識及び測定」の限られた範囲でのみ適用されている。IASBの目的は、IAS第39号のマクロ公正価値モデルを最終的に置き換え、他のリスクにも広く適用できる代替的なマクロヘッジモデルを検討することである。

内在する複雑性、および公開草案における単一のモデルを提案することの困難性を考慮して、IASBは、一般ヘッジ会計に関するプロジェクトからマクロヘッジ会計を分離して、代替的なモデルの範囲を検討する最初のデュー・プロセス文書としてディスカッション・ペーパーを公表することを決定した。これは、関係者がIASBに代替的なモデルに関するフィードバックを提供し、いかに進めるべきかに関するガイダンスを与える機会となっている。

主要な提案の概要
「動的リスク管理の会計処理:マクロヘッジのポートフォリオ再評価アプローチ」と題するディスカッション・ペーパーは、ヘッジ対象リスクの変動に関するエクスポージャーのポートフォリオの測定を修正する単純な概念である。対応する利得または損失は、それらのリスクをヘッジするために利用された、純損益を通じて公正価値で測定されたデリバティブに対して自然に相殺されるように、純損益で計上される。

本モデルの目的は、動的ポートフォリオに一般ヘッジ会計を適用するよりは、運用上の負担とならないこと、および財務報告がより有用で透明性のあるものとなるように、企業の動的なリスク管理をより反映することである。本モデルは、全面公正価値モデルではない。すなわち、リスク・エクスポージャーは、ヘッジ対象である金利リスクの変動部分についてのみ再評価され、信用リスクのような他のリスクについては再評価されない。したがって、他のリスクの影響には、収益および費用の通常の会計処理が適用される。例えば、顧客に対する貸付金に課される信用マージンの発生は、通常通り金利収益で計上される。

設例
金融資産(例えば、貸付金)および金融負債(例えば、顧客預金)のポートフォリオを有する銀行で、それらの資産および負債の結果として生じる金利リスクのポジションを、金利スワップを利用してヘッジしている場合を考える。本モデルでは、管理されたポートフォリオを金利リスクについて再測定する(ヘッジの有効性評価は要求されない)。金利リスクをヘッジするために利用されたデリバティブは、純損益を通じて公正価値で会計処理される。純損益の正味の影響は、金利リスクに関するヘッジ後の、銀行の残存するオープン・リスク・ポジションを示している。本再評価モデルは、IFRS第9号における通常の会計処理に追加の修正を行うものである。したがって、再評価の修正を適用するより前に、資産および負債の通常の認識および測定を最初に適用する。

複雑性と課題
ポートフォリオ再評価モデルは、ヘッジ会計が直面する多くの会計上の論点を取り扱う。単一モデルも、適切に開発されれば、現行の公正価値ヘッジおよびキャッシュ・フロー・ヘッジに加えて、財務諸表にヘッジ活動を示す代替案となり、ポートフォリオ・リスク管理活動をより忠実に反映する。しかしながら、どのエクスポージャーを再評価に含めるかの決定及び、再評価の測定方法や表示方法について複雑性が生じる。

それゆえ、ディスカッション・ペーパーは、本モデルの以下の多岐にわたる異なる側面に関するフィードバックを求めている。

•予定取引は、貸借対照表で認識および測定されるべきか。
•ヘッジ対象リスクに晒されているポートフォリオ全体が再測定されるべきか、またはヘッジ対象部分のみか。
•ポートフォリオの底溜り部分のみが再測定できるか。
•要求払預金、パイプライン取引およびエクイティ・モデル・ブックは、ヘッジ会計を適用すべきか。
•内部デリバティブは利用できるか。
•多様な表示および開示の代替案は何か。
•本モデルを運用可能にするために、どのような実務上の便法が必要か。例えば、内部的な移転価格は利用できるか。

これらの問題等はDPで議論されており、IASBは、提案されたモデルが有用な情報を提供し、運用可能かどうかを理解するために、フィードバックを求めている。コメント期限は2014年10月17日である。

IASBプレスリリース (IASBのWebサイト)
ディスカッション・ペーパー (IASBのWebサイト)
ニュースレター「IFRS in Focus – IASBが、マクロヘッジに関するディスカッション・ペーパーを公表」 (トーマツのWebサイト)

お役に立ちましたか?