ナレッジ

国際会計基準審議会(IASB)が、最新の作業計画表を公表

IAS Plus 2014.05.07

国際会計基準審議会(IASB)は、最近の会議を受けて、作業計画表を更新した。(IAS Plus 2014.05.07)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、最近の会議を受けて、作業計画表を更新した。作業計画表には次の重要なアップデートが含まれている。(1)マクロヘッジ会計のディスカッション・ペーパーの公開協議期間の追加(2)保険契約とリースの再審議が2014年第2四半期に延長(3)料金規制活動が主要なプロジェクトから調査プロジェクトに移動(4)開示イニシアティブが、2014年第4四半期に公開草案が予定されている負債の純額(現在は「財務活動からの負債の調整」とされている)とともに狭い範囲のプロジェクトから主要なプロジェクトへ移動し、IAS第1号の修正の再審議が2014年第3四半期に開始される。また、収益認識の最終化された基準は、2014年5月後半に公表されることが予定されている。

現状

主要プロジェクトについて、今回更新されたタイムテーブルは以下の通りである。

プロジェクト(PJ) 現状 次のPJステップ 予定時期
概念フレームワーク-包括的IASB PJ 再審議 公開草案 2014年第4四半期
金融商品 - 減損 再審議 IFRSの公表 2014年第2四半期†
金融商品 -マクロ・ヘッジ会計 ディスカッション・
ペーパー
公開協議 2014年第2および
第3四半期*
金融商品-IFRS第9号(分類および測定)の限定的見直し 再審議 IFRSの公表 2014年第2四半期†
保険契約 再公開草案 再審議 2014年第2四半期*
リース 再公開草案 再審議 2014年第2四半期*
料金規制活動‡ リサーチ/審議 ディスカッション・
ペーパー
2014年第2四半期
または第3四半期*
開示イニシアティブ-IAS第1号の修正 公開草案 再審議 2014年第3四半期*
開示イニシアティブ-財務活動からの負債の調整 再審議 公開草案 2014年第4四半期*
収益認識 再審議 IFRSの公表 2014年第2四半期

*:前回の作業計画表の更新から変更があったもの
†:2014年4月のDPOC会議の要約によると、この部分は2014年第3四半期の始めに変更される可能性がある
‡:現在は調査プロジェクトとなっている

限定的な範囲のプロジェクトに関する変更は以下のとおりである。

IAS第27号-個別財務諸表における持分法:最終基準の公表が2014年第2四半期に予定されている。
減価償却および償却の許容される方法の明確化:IFRSの公表が、2014年の第1四半期から第2四半期に延期された。
企業と関連会社または共同支配企業との取引から生じる損益の消去および、未実現損失に関する繰延税金資産の認識の公開草案が、2014年第1四半期から第3四半期に延期された。
・IFRICから提起された項目に関する新しいプロジェクト(株式に基づく報酬取引の分類と測定の明確化)が作業計画表に追加され、2014年第3四半期に公開草案が予定されている。

Deloitteのプロジェクト・ページ (作業計画表の更新およびその他の既知の変更を反映) (IAS Plus)

お役に立ちましたか?