ナレッジ

IASBが金融商品の減損に関する移行リソース・グループを創設

IAS Plus 2014.06.23

国際会計基準審議会(IASB)は、金融商品の減損に関する今度の新しい要求事項に焦点をあてる移行リソース・グループの創設を発表した。(IAS Plus 2014.06.23)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、金融商品の減損に関する今度の新しい要求事項に焦点をあてる移行リソース・グループの創設を発表した。移行グループは、年内に公表される予定である、IFRS第9号「金融商品」(2014)における新しい減損の要求事項を受けて生じる可能性のある適用上の問題に関して、ディスカッション・フォーラムを提供することで、利害関係者をサポートする。

IFRS第9号における金融商品の減損に関する、新しい予想信用損失モデルは、現行の実務を根本的に変更する。この変更は、特に金融サービス・セクターにおいて、適用およびシステムの観点に重要な影響を及ぼす。移行リソース・グループは、堅牢かつ一貫性のある適用を確保するために、基準公表後に、利害関係者にサポートを提供する。

IASBは、移行リソース・グループの候補者を2014年7月14日まで募集しており、財務諸表作成者、監査人および関連するグループを代表する14人から18人の専門家からなる予定である。グループは、年に2-3度会議を行う予定である。

IASBプレス・リリース (IASBのWebサイト)
デロイトの金融商品-減損のページ (IAS plus)
 

お役に立ちましたか?