ナレッジ

IASBが、果実生成型植物をIAS第16号の範囲とする

IAS Plus 2014.06.30

国際会計基準審議会(IASB)は、「農業:果実生成型植物(IAS第16号およびIAS第41号の修正)」を公表した。(IAS Plus 2014.06.30)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、「農業:果実生成型植物(IAS第16号およびIAS第41号の修正)」を公表した。本修正では、果実を生成するためだけに利用される果実生成型の植物をIAS第16号の範囲とし、有形固定資産と同様に会計処理する。本修正は、2016年1月1日以後開始事業年度に発効し、早期適用が認められる。

背景
IASBは、公正価値で会計処理される生物資産に関して、利用者に提供される情報の目的適合性および有用性に懸念を示す利害関係者からフィードバックを受領した。特に、もはや重要な生物学的変化になく、果実を生成するためだけに利用される、成熟した果実生成型の生物資産は、有形固定資産により似ており、その働きは製造における有形固定資産と類似していると考えられる。したがって、IASBは、「果実生成型植物」の定義を満たす生物資産を、IAS第41号「農業」に規定されている公正価値アプローチを使用するのではなく、IAS第16号「有形固定資産」の範囲とすることを提案する、公開草案ED/2013/8「 農業:果実生成型植物」を公表した。本日公表された本修正は、公開草案での提案を更新し、最終化する。

本修正
果実生成型植物を、IAS第41号の範囲からIAS第16号の範囲として、当初認識後に原価または再評価により測定できるようにするために、「果実生成型植物」の定義が両基準に導入される。果実生成型植物は、以下の「生きている植物」として定義される。

a. 農産物の生産または供給に使用される。
b. 一報告期間を超えて生産することが見込まれる。
c. 付随的なスクラップ売却を除き、農産物として販売される可能性がほとんどない。

両基準の範囲のセクションは、果実生成型植物はIAS第16号で会計処理されるが、それ以外の生物資産はIAS第41号に従って会計処理されることを明確にするために、修正される。

本修正は、果実生成型植物の上で成長する作物は、引続きIAS第41号で会計処理されること、果実生成型植物に関連する政府補助金は、IAS第41号の範囲ではなく、IAS第20号「政府補助金の会計処理及び政府援助の開示」で会計処理される必要があることも明確する。


その他の検討
IASBは、結論の根拠で、果実生成型植物に関して、「主たる使用(predominant-use)モデル」の代わりに、「代替的な使用がない(no-alternative-use)モデル」に決定(従って、果実生成型および消費型の両方の属性を有する生物資産を本修正から除外)したと説明している。これは、「主たる使用(predominant-use)モデル」は、適用の際に判断が必要であることから適用が難しく、また、主たる使用が変化した場合に、IAS第16号とIAS第41号で振替が必要となるかもしれないからである。

原価モデルは家畜にはより複雑になるので、IASBは、本修正の範囲から家畜も除外した。また、IASBは、家畜には通常、活発な市場が存在するので、公正価値情報が容易に入手可能であり、原価測定より適用が容易であることを記述している。

反対意見
本修正は、果実生成型植物の公正価値の変動、およびそれらの変動を見積もるために使用された基礎となる仮定についての情報を除外することになるため、2名のIASBメンバーは本修正の公表に反対した。彼らは、本修正はIFRSを改善するものではなく、農業に従事している企業の財務諸表における入手可能な情報の質を下げると考えている。従って、彼らは、本修正は新基準および修正に関する審議会の規準を満たしていないと結論づけた。

発効日と経過措置
本修正は、2016年1月1日以後開始事業年度に発効する。早期適用は認められる。

本修正の適用開始において、表示される最も早い期間の期首に、みなし原価として果実生成型植物の項目の公正価値を使用することが認められる。企業は、当期において、IAS第8号第28(f)項で要求される定量的情報を開示する必要はない。しかし、表示される過去の各期間に関して、これらの開示を提供する必要がある。

プレス・リリース (IASBのWebサイト)
プロジェクト・サマリーおよびフィードバック・ステートメント (IASBのWebサイト)
プロジェクト・ページ (IAS Plus)
ニュースレター「IFRS in Focus - IASBが、IAS第41号ではなく、IAS第16号の適用範囲に果実生成型植物を含めるために、IAS第16号およびIAS第41号を修正」 (トーマツのWebサイト)

お役に立ちましたか?