ナレッジ

国際会計基準審議会(IASB)が、最新の作業計画表を公表

IAS Plus 2014.08.01

国際会計基準審議会(IASB)は、7月の会議を受けて、作業計画表を更新した。(IAS Plus 2014.08.01)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、7月の会議を受けて、作業計画表を更新した。修正された計画では、保険契約、リース、および中小企業向け国際財務報告基準のプロジェクトの再審議の予定時期が更新され、概念フレームワークプロジェクトの公開草案の予定時期が延期された。計画はまた、新しい年次改善(2014-2016年サイクル)のために、年次改善(2013-2015年サイクル)を中止するというIASBの決定を反映しており、いくつかの調査プロジェクトに関する、IASB会議での議論の予定時期についても更新している。

現状
主要プロジェクトについて、今回更新されたタイムテーブルは以下の通りである。
 

プロジェクト(PJ) 現状 次のPJステップ 予定時期
概念フレームワーク-包括的IASB PJ 再審議 公開草案 2015年第1四半期*
金融商品 -マクロ・ヘッジ会計 ディスカッション・ペーパー 公開協議 2014年第3四半期*
保険契約 再公開草案 再審議 2014年第3および第4四半期*
リース 再公開草案 再審議 2014年第3および第4四半期*
開示イニシアティブ-開示の原則 アジェンダ決定 IASB会議での議論 2014年第3四半期*
開示イニシアティブ-IAS第1号の修正 公開草案 再審議 2014年第3四半期
開示イニシアティブ-財務活動からの負債の調整 再審議 公開草案 2014年第4四半期
中小企業向け国際財務報告基準-包括的なレビュー 公開草案 再審議 2014年第4四半期*


*:6月の作業計画表の更新から変更があったもの

IASBは、新しく導入した年次改善(2014-2016年サイクル)の公開草案の公表を2015年第2四半期に予定している。当該公開草案は、当初は今回中止された年次改善(2013-2015年サイクル)に含まれる予定であったひとつの修正が繰り越される予定である。これらの年次改善プロジェクトへの変更を除けば、限定的な範囲のプロジェクトの予定時期について、他に変更はなかった。

上記で記載した調査プロジェクトの開示の原則に加え、次の調査プロジェクトのIASB会議での議論の予定時期が延期されている。
 

》作業計画表(2014年7月30日更新) (IASBのWebサイト)
Deloitteのプロジェクト・ページ(作業計画表の更新およびその他の既知の変更を反映) (IAS Plus)

お役に立ちましたか?