ナレッジ

IFRS情報の任意の開示についてのFASBとFAFのコメント

IAS Plus 2014.12.09

米国財務会計財団(FAF)と米国財務会計基準審議会(FASB)は、米国会計基準に基づく財務報告情報に加えて、IFRSに基づく財務報告情報の可能性のある任意の開示を歓迎する声明を発表した。(IAS Plus 2014.12.09)

関連コンテンツ

米国財務会計財団(FAF)と米国財務会計基準審議会(FASB)は、米国会計基準に基づく財務報告情報に加えて、IFRSに基づく財務報告情報の可能性のある任意の開示を歓迎する声明を発表した。

最近のSECおよびPCAOBの動向に関する年次の米国公認会計士協会(AICPA)全国会議で、米国証券取引委員会(SEC)の主任会計官室主任会計官、ジム・シュヌアー(Jim Schnurr)氏は、どのようにIFRSを米国の報告システムに組み込むことができるかの一つの例として、IFRSに基づく財務報告情報の任意の開示について昨日言及した(トーマツのWebサイト※1)。これに関連して、IFRSに基づく測定値は「非GAAP」の財務上の測定値であるとするSECの現在の考えを再考することが要求される可能性があることを示した。FAFおよびFASBが発表した声明では以下のとおりコメントしている。

「我々は、国際財務報告基準(IFRS)に従って作成された第2の財務諸表を投資家に提供することを、任意に選択する会社にとって存在する可能性がある障害を取り除く方法があるかどうかを調査するのは、意味があると考えている。我々は、監査、SECレビューおよび他の規制上の監視の対象である、補完情報としてのIFRS情報を任意で提供することは、米国会計基準とIFRSのさらなるコンバージェンスを進展させる上で、重要な手段になり得ると考えている。」

声明全文(英語)は、FAFのWebサイトで入手可能である。

※1≫SEC当局者が、米国におけるIFRSの使用について別の潜在的な代替案を議論(トーマツのWebサイト)

米国財務会計財団(FAF)と米国財務会計基準審議会(FASB)の声明全文(FAFのWebサイト-英語)

 

お役に立ちましたか?