ナレッジ

国際会計基準審議会(IASB)が、年金会計に関してIAS第19号およびIFRIC第14号の修正を提案

IAS Plus 2015.06.18

国際会計基準審議会(IASB)は、IAS第19号「従業員給付」およびIFRIC第14号「IAS第19号―確定給付資産の上限、最低積立要件およびそれらの相互関係」に対する修正案に関する公開草案(ED)を公表した。本修正は、IFRS解釈解釈指針委員会に提出された2つの論点に対処している。コメント期限は2015年10月19日までである。(IAS Plus 2015.06.18)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、IAS第19号「従業員給付」およびIFRIC第14号「IAS第19号―確定給付資産の上限、最低積立要件およびそれらの相互関係」に対する修正案に関する公開草案(ED)を公表した。本修正は、IFRS解釈解釈指針委員会に提出された2つの論点に対処している。コメント期限は2015年10月19日までである。

背景
IFRS解釈指針委員会に対しては、以下の点を明確化する要望書が提出された。

  • 制度改訂、縮小または清算が生じ、企業が確定給付負債(資産)の純額を再測定する場合の当期勤務費用および利息純額の計算
  • 受託者が給付を増額するかまたは制度を終了するパワーが、返還に対する事業主の無条件の権利に影響を与える(したがって、IFRIC第14号に従い、資産の認識を制限する)かどうか

両論点はIAS第19号に関連しており、またIASBは修正の単一のパッケージを同時に実施することが、両論点のコメント提供者の管理上の負担を軽減することになると考えたため、IASBは2つの論点を、1つの狭い範囲の公開草案として取り扱うことを決定した。

変更案
公開草案ED/2015/5「制度改訂、縮小または清算時の再測定/確定給付制度からの返還の利用可能性(IAS第19号およびIFRIC第14号の修正案)」において提案された修正は以下の通りである。

制度改訂、縮小または清算時の再測定
IASBは、以下について提案している。

  • 制度改訂、縮小または清算時に、確定給付負債(資産)の純額が再測定され、再測定後の期間における当期勤務費用および利息純額は、再測定で使用された仮定を使用して決定する。
  • 残りの期間における利息純額は、確定給付負債(資産)の純額の再測定に基づいて決定される。
  • 制度改訂、縮小または清算の前の当期の報告期間における当期勤務費用および利息純額は、過去勤務費用または清算損益による影響を受けない。
  • これらの修正は、遡及的に適用されるが、IASBはIAS第19号の範囲に含まれない資産の帳簿価額の修正に対しては免除を提供することを提案している。


確定給付制度からの返還の利用可能性
IASBは、以下について提案している。 

  • 確定給付制度からの返還の利用可能性を決定する際に、他の当事者が他の目的に使用できる金額は、将来の返還に基づいて資産として認識する積立超過の金額に含めない。
  • 他の当事者が合意なしに制度を終了できる場合には、制度の徐々の清算を前提とすべきではない。
  • 他の当事者が制度メンバーの給付を変更することなく投資の意思決定を行うパワーは、返還の利用可能性に影響を与えない。
  • 企業が返還または将来掛金の減額の利用可能性を決定する際に、企業は実質的に制定されている(subsitantively enacted)法的要求(statutory requirement)を考慮するとともに、契約上合意されている契約条件および推定的債務を考慮すべきである。
  • 資産上限額および過去勤務費用または清算に係る利得または損失の相互関係に関して、IAS第19号は、過去勤務費用または清算損益は、IAS第19号の現行の要求事項に従って測定し純損益に認識すること、また、資産上限額の影響の変更はその他の包括利益に認識することを明確化する。

発効日および経過措置
本EDは、発効日の提案を含んでいない。しかし、本EDは、修正を遡及的に適用すること、および早期適用が認められることを提案する。

プレス・リリース(IASBのWebサイト-英語)
IAS 19/IFRIC 14 — Remeasurement at a plan amendment, curtailment or settlement / Availability of a refund of a surplus from a defined benefit plan(IAS Plus-英語版)
 

 

 

お役に立ちましたか?