ナレッジ

国際会計基準審議会(IASB)が、7月の会議を受けて作業計画表の更新を公表 

IAS Plus 2015.08.05

国際会計基準審議会(IASB)は、7月の会議を受け、作業計画表の内容に加え、今回は表示区分も変更した。(IAS Plus 2015.08.05)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、7月の会議を受けて作業計画表を更新した。さらに今回は計画表の表示区分も変更され四半期毎の区分が廃止されているため、6月30日時点の作業計画表との直接的な比較が容易ではなくなったが、変更点が明らかなプロジェクトもある。

直接識別が可能な変更点は以下のとおりである。

1) 新IFRS「保険契約」の公表は2016年以降になることが見込まれる。
2) 公開草案「会計方針及び見積りの変更(開示イニシアティブ)」の公表も2016年に延期される。
3)「マクロ・ヘッジ」および「料金規制活動」についてのディスカッション・ペーパーの公表も2015年中には見込まれていない。
4) 適用プロジェクト「公正価値測定:会計単位」に係る最終修正IFRSの公表は、2016年以降に見込まれる。また、適用プロジェクト「未実現損失に関する繰延税金資産の認識」に係る最終修正IFRSは、2015年終盤か2016年年初の公表が予定されている。
5) IASBは、適用プロジェクト「企業と関連会社または共同支配企業との取引から生じる損益の消去」を最終化する代わりに、2014年9月に公表された「IAS第28号、IFRS第10号およびIFRS第12号の修正」の発行日延期を提案する公開草案の公表を予定している。

現状
主要プロジェクトについて、今回更新されたタイムテーブルは以下の通りである。(ただし、IASBは今回から作業計画表の表示区分を変更し四半期毎の区分を明示していないため、前回からの変更点の識別が難しくなっている点にご留意ください。)

 

プロジェクト(PJ)  現状 次のPJステップ 予定時期
概念フレームワーク-包括的IASB PJ 公開草案 方向性の決定 最短で2016年第1四半期
金融商品 -マクロ・ヘッジ会計 コメントレターの分析 ディスカッション・ペーパー 最短で2016年第1四半期*
保険契約 再公開草案 IFRSの公表 最短で2016年第1四半期*
リース 最終IFRSをドラフト IFRSの公表 2015年第4四半期または2016年第1四半期*
開示イニシアティブ-開示の原則 IASB会議での議論 ディスカッション・ペーパー 2015年第4四半期または2016年第1四半期*
開示イニシアティブ-会計方針および見積りの変更 IASB会議での議論 公開草案 最短で2016年第1四半期*
開示イニシアティブ-重要性 実務記述書の公開草案のドラフト 実務記述書の公開草案の公表 2015年第3四半期または第4四半期*
料金規制活動 分析 ディスカッション・ペーパー 最短で2016年第1四半期*

※IAS Plus英語版へのリンクとなります。

*:6月30日の作業計画表の更新から変更があったもの。ただし「3ヶ月以内」、「6ヶ月以内」および「6ヶ月超」の区分を採用したIASBの新表示形式から判別できるものに限る。

適用および調査プロジェクトの更新には次のものが含まれる。

• IASBは、適用プロジェクト「企業と関連会社または共同支配企業との取引から生じる損益の消去」の公開草案を公表する代わりに、2014年9月に公表された「IAS第28号、IFRS第10号およびIFRS第12号の修正」の発行日延期を提案する公開草案の公表を予定している。
• 適用プロジェクト「公正価値測定:会計単位」に係る最終修正IFRSは、2016年以降の公表が見込まれている。
• 適用プロジェクト「未実現損失に関する繰延税金資産の認識」に係る最終修正IFRSは、2015年終盤か2016年年初の公表が予定されている。
• 以下の2つの調査プロジェクトが、開発段階から評価段階に移行した。
≫ 事業の定義
≫ のれんおよび減損
• 調査プロジェクト「法人所得税」は、調査フェーズから評価段階に移行した。
• 調査プロジェクト「採掘活動/無形資産/研究開発活動」は、調査フェーズから活動停止中のプロジェクトに移行した。

作業計画表(2015年7月31日更新) (IASBのWebサイト:新表示区分形式を説明した「作業計画表ガイド」も掲載)
Deloitteのプロジェクト・ページ(作業計画表の更新およびその他の既知の変更を反映) (IAS Plus 英語版)

 

お役に立ちましたか?