ナレッジ

IFRS財団が、IFRSタクソノミのデュー・プロセスの修正に対するコメントを募集

IAS Plus 2015.11.04

IFRS財団の評議員会は、IFRSタクソノミの開発と維持のデュー・プロセスの修正案を、一般のコメントを求めるために公表した。この修正により、IASBにこれまで以上の関与と責任を付与することとなる。(IAS Plus 2015.11.04)

関連コンテンツ

IFRS財団の評議員会は、IFRSタクソノミの開発と維持のデュー・プロセスの修正案を、一般のコメントを求めるために公表した。この修正により、IASBにこれまで以上の関与と責任を付与することとなる。

主要な修正案により以下が要求されることとなる。

• 新基準または修正基準を反映するIFRSの内容についてのIASBの承認
• 一般的実務(common practice)を反映する内容について3名から5名のIASBメンバーによるレビュー
2014年1月(※1)に実施された強化(IFRSタクソノミ・コンサルテーション・グループの創設および当年中に公表されたIFRSタクソノミの更新について公開協議を求めるプロセスの設定)の正式化
• 現行実務およびプロセスを反映する強化の取込み(但し、「XBRL活動に関するデュー・プロセス・ハンドブック」には記載しない)

コメント期限は2016年2月3日である。

※1≫‘IASB seeks members for new IFRS Taxonomy Consultative Group’(IAS Plus-英語版)
※2≫‘IFRS Taxonomy Consultative Group (ITCG) ’(IAS Plus-英語版)
プレス・リリース(IASBのWebサイト-英語)
コメント募集(PDF:IASBのWebサイト-英語)

 

お役に立ちましたか?