ナレッジ

IASBが新しいリース基準を公表

IAS Plus 2016.01.13

IASBは、新基準IFRS第16号「リース」を公表した。IFRS第16号はIAS第17号「リース」および関連する解釈指針を廃止し、2019年1月1日以後開始する事業年度に発効する。IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を適用する場合には、早期適用が認められる。(IAS Plus 2016.01.13)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、新基準IFRS第16号「リース」を公表した。新基準は、借手に単一のモデルでほとんどのリース取引を貸借対照表に計上することを要求し、オペレーティング・リースとファイナンス・リースの区分がなくなる。しかし、貸手の会計処理は概ね変更されることなく、オペレーティング・リースおよびファイナンス・リースの区分は維持されている。IFRS第16号はIAS第17号「リース」および関連する解釈指針を廃止し、2019年1月1日以後開始する事業年度に発効する。IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を適用する場合には、早期適用が認められる。

背景
 
リース会計を改訂するプロジェクト(デロイトのIAS Plus-英語※1)は、2006年7月にIASBのアジェンダに追加された。本プロジェクトは米国財務会計基準審議会(FASB)との合同プロジェクトとして実施されており、両基準設定主体は、リース取引で生じる権利および義務に関する資産および負債を認識することを借手に要求するアプローチを開発することを目指していた。その後の数年間で、両審議会は重要なアウトリーチ活動を実施するとともに、ディスカッション・ペーパーおよび2つの公開草案を公表した。IASBは、単一の会計モデルである最終基準(デロイトのIAS Plus-英語※2)を公表したが、一方FASBは、新基準で2つのリース会計モデルを有することを決定した。しかし、両審議会とも、資産および負債の認識を要求(定的例外を伴う)する。 

リース取引の識別
 
特定された資産の使用を支配する権利を一定期間にわたり対価と交換に移転する場合には、契約はリースであるかまたはリースを含んでいる。顧客が特定された資産の使用を指図する権利および顧客がその使用から経済的便益のほとんどすべてを得る権利を有する場合に、支配が移転する。 

IFRS第16号における新しい会計モデルの概要
 
IFRS第16号では、借手は使用権資産およびリース負債を認識する。使用権資産は、他の非金融資産と同様に処理され、適切に減価償却される。負債には、利息が生じる。これにより、費用が前倒しとなる(これに対して、IAS第17号(デロイトのIAS Plus-英語※3)におけるオペレーティング・リースは、通常定額の費用である)。それは、使用権資産の定額償却を想定すれば、負債の利息の減少により、報告期間にわたり費用が全般的に減少していくこととなるためである。

リース負債は、リース料総額のリース期間にわたる現在価値で当初測定される。これは、容易に決定できる場合には、リースの計算利子率で割り引かれたものである。当該利子率が容易に決定できない場合は、借手は追加借入利子率を使用しなければならない。

IFRS第16号のこれまでの基準であるIAS第17号と同じく、貸手は、リースを性質によりオペレーティングまたはファイナンスに分類する。リースは、原資産の所有に伴うリスクと経済価値のほとんどすべてを移転する場合には、ファイナンス・リースとして分類する。それ以外のリースについては、オペレーティング・リースとして分類する。

ファイナンスリースでは、貸手は、正味投資未回収額に対して一定の期間利益率を反映するパターンに基づいて、リース期間にわたり金融収益を認識する。貸手は、オペレーティング・リース料総額を定額ベースで、またはより原資産の使用から生じる便益が減少するパターンをより適切に表す場合は、別の規則的な方法で、収益として認識する。 

認識についての免除
 
上記のIFRS第16号の認識についての要求事項を適用する代わりに、借手は、下記の2つのタイプのリースに関して、リース期間にわたり定額ベースで、または他の規則的な方法でリース料総額を費用として会計処理することを選択することができる。

・12か月以内のリース期間のリース-この選択は、原資産のクラスごとに行われる。

・(パーソナル・コンピューターまたは小さいオフィス家具のような)新規のときに原資産の価値が低いリース-この選択は、リースごとに行うことができる。

発効日
 
IFRS第16号は、2019年1月1日以後開始する事業年度に発効する。IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」(※4)を適用する場合に、早期適用が許容される。 

※1≫Leases(IFRS16)(デロイトのIAS Plus-英語)

※2≫IFRS16-Leases(デロイトのIAS Plus-英語)

※3≫IAS17-Leases  (デロイトのIAS Plus-英語)

※4≫「IASBが収益認識に関する新基準を公表」( デロイト トーマツのIFRS in Focus)

プレス・リリース(IASBのWebサイト-英語)

プロジェクト・サマリーおよびフィードバック文書(PDF:IASBのWebサイト-英語)

IFRS in Focus 「IASBが、IFRS第16号「リース」を公表」

 

お役に立ちましたか?