ナレッジ

IASBがTRGの再度の会合を予定していないと言及

IAS Plus 2016.01.22

国際会計基準審議会(IASB)は、収益認識移行リソースグループ(TRG)の再度の会合を予定していないことを公表した。(IAS Plus 2016.01.22)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、収益認識移行リソースグループ(TRG)の再度の会合を予定していないことを公表した。

IASBは、今週、IFRS第15号の修正に係る意思決定を完了した。本明確化は、2016年3月の公表が予定されており、修正の発効日は2018年1月1日(IFRS第15号の発効日)となる。

TRGに関してIASBは、以下のように言及した。

IASBは現在、関係者が、IFRS第15号のこれ以上の変更がない事を確信して適用プロセスを継続できる事を知る必要があるという見解を有している。そのため、IASBは、IFRS関係者によるTRGの追加の会議を設定する予定はない。しかし、TRGは解散はせず、必要に応じて、IASBによるコンサルテーションを対応可能にする。さらに、IFRS関係者は、Webサイトを通じた論点の提出が現在でも可能である。

IASBは、米国財務会計基準審議会(FASB)との協力を継続し、FASBと米国会計基準のTRG関係者との将来の議論もモニターすることにも言及した。しかし、IASBは、IFRSを利用して報告する企業が、FASBの基準や公開の議論を考慮することが要求されない点も強調した。

デロイトのミーティング・ノート (デロイトのIAS Plus-英語)

プレス・リリース(IASBのWebサイト-英語)

 

IFRS in Focus「収益に関する合同会議(2014年7月)」(デロイト トーマツのWebサイト)

IFRS in Focus「収益に関する合同会議(2014年10月)」(デロイト トーマツのWebサイト)

IFRS in Focus「収益に関する合同会議(2015年1月)」(デロイト トーマツのWebサイト)

IFRS in Focus「収益に関する合同会議(2015年3月)」(デロイト トーマツのWebサイト)

IFRS in Focus「収益に関する合同会議(2015年7月)」(デロイト トーマツのWebサイト)

IFRS in Focus「収益に関する合同会議(2015年11月)」(デロイト トーマツのWebサイト)

 

お役に立ちましたか?