ナレッジ

FASBが収益基準の実務上の便法を明確化

IAS Plus 2016.05.10

FASBは、「顧客との契約から生じる収益」の一部を修正する会計基準アップデート(ASU)2016-12を公表した。(IAS Plus 2016.05.10)

関連コンテンツ

米国財務会計基準審議会(FASB)は、ASU 2016-12「狭い範囲の改善および実務上の便法」を公表した。本ASUは、FASBの新収益基準であるASU2014-09 「顧客との契約から生じる収益」の一部を修正する。

本修正は、FASBとIASBが共同で設置した収益認識に関する移行リソース・グループ(TRG(IAS Plus-英語版※1))が受取ったフィードバックに対応して公表されている。本修正には以下が含まれる。

  • 回収可能性 — ASU 2016-12は、企業が回収可能性を評価する目的を明確化するとともに、 企業が、回収可能である可能性が高くない(not probable)と結論づける場合に、いつ受取った対価を収益として認識するかに関する新しいガイダンスを含んでいる。
  • 顧客から回収する売上税の表示 — 企業は、政府当局のために回収する売上税を売上のネットとして表示することが認められる(すなわち、一定の要件を満たす売上税を取引価格から除外することを認める)。類似の会計方針の選択は、IASBの新収益基準であるIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」(デロイト トーマツのWebサイト※2)には存在していない。
  • 現金以外の対価 — 現金以外の対価を含む契約の取引価格については、企業は、受取る現金以外の対価について、契約開始日の公正価値により取引価格を算定する。さらに、契約開始後の現金以外の対価の公正価値の変動については、その公正価値の変動が、対価の形態以外の理由である場合にのみ、変動対価の制限の対象となる。IFRS第15号は、測定日を規定していない。
  • 契約変更に関する移行時の便法 — ASUは、契約変更に関する移行時の実務上の便法を提供する。また、「完了した契約」を、新収益基準を初めて適用する前に適用される収益のガイダンスに従って、すべての(あるいはほとんどすべての)収益が認識された契約と定義する。
  • 移行に関する基準の修正 — 新収益基準を採用する際に完全遡及適用方式を選択する企業は(現在ASC250-10-50-1(b)(2)で要求されるような)、適用時の期間における会計方針の影響の開示は要求されなくなる。しかし、企業は、遡及修正される期間で、適用前の期間の影響については、引き続き開示が要求される。IFRS第15号は、「完了した契約」を、現行のIFRSに従って識別された財またはサービスのすべてを企業が移転した契約と定義している。IFRS第15号は、完全遡及適用方式を選択する企業に対して、表示する最も古い期間の期首現在で完了していない契約にのみ、IFRS第15号を遡及適用することを認める実務上の便法も追加している。当該便法は、トピック606では提供されていない。


先月、IASBはIASBの収益基準であるIFRS第15号について、明確化の最終版(デロイト トーマツのWebサイト※3)を公表している。


FASBのASUは次のとおりに記述している。

当ASUによる修正は、IASBが「IFRS第15号の明確化」で行った修正と同一ではなく、また、より多くの修正が行われている。しかし、FASBは、当該修正は、実務上生じ得る不統一を減少させることにより、ASU2014-09とIFRS第15号の公表により達成されたコンバージェンスは概して維持されると考えている。適用上の重要な不統一が生じれば、コンバージェンスされたガイダンスにより達成される便益を著しく減少させることとなり得る。

当ASUの修正は、トピック606における収益認識のコア原則を変更するものではない。むしろ、当該修正は一部の狭い分野におけるガイダンスを明確にし、実務上の便法を追加するものである。本修正は、トピック606に準拠するために必要となる判断の程度を削減し、その結果、実務上生じ得る不統一を減少させ、ガイダンスを適用するためのコストと複雑性を軽減することが見込まれる。


本ASUの発効日および経過措置は、新収益基準における要求事項と同じであり、まだ発効していない。


※1≫Joint Transition Resource Group for Revenue Recognition(IAS Plus-英語版)

※2≫「IASBとFASBがコンバージェンスされた収益基準を公表」(デロイト トーマツのWebサイト)

※3≫「IASBがIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の明確化を公表」(デロイト トーマツのWebサイト)

 

ASU 2016-12 (FASBのWebサイト)

お役に立ちましたか?