ナレッジ

国際会計基準審議会(IASB)が、10月の会議を受けて作業計画表の更新を公表

IAS Plus 2016.10.21

国際会計基準審議会(IASB)は、10月の会議を受けて作業計画表を更新した。(IAS Plus 2016.10.21)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、10月の会議を受けて作業計画表を更新した。追跡可能な進捗または遅延は僅かである。最も注目されるのは、ディスカッション・ペーパーの公表が2017年2月まで延期となったことである。

今回の作業計画表上の変更には以下が含まれている。

主要プロジェクト

  • 変更なし(プロジェクトはそれぞれ1ヶ月ずつ延期される可能性があるが、認識はされていない)

適用プロジェクト

  • 新しいプロジェクト「有形固定資産:意図した使用前の収入」が、今週のIFRS適用上の論点に関するディスカッションの結果として作業計画表に追加された。公開草案は、「6ヶ月超」の予定である。
  • 年次改善 2015-2017」―公開草案の公表時期は、現在「2017年1月」の予定である。

リサーチ・プロジェクト

  • 「開示イニシアティブ―開示原則」―ディスカッション・ペーパーの公表時期は、現在「2017年2月」の予定である。今週の会議において、審議会が保険契約基準に関連した問題に集中する時間をより多く確保するために、ディスカッション・ペーパーの公表予定を2016年12月中旬から2017年2月に改訂した。

適用後レビュー

  • IFRS第13号「公正価値測定」(PDF:デロイト トーマツのWebサイト-※1)の適用後レビューにおけるプロジェクトの方向性の決定は、「3ヶ月以内」の予定である。

※1≫IFRS in Focus 「IASBが公正価値測定に関する新基準書を公表」(デロイト トーマツのWebサイト)


作業計画表(2016年10月20日更新)(IASBのWebサイト)
Deloitteのプロジェクト・ページ (IAS Plus 英語版)

お役に立ちましたか?