ナレッジ

国際会計基準審議会(IASB)が、11月の会議を受けて作業計画表の更新を公表

IAS Plus 2016.11.18

国際会計基準審議会(IASB)は、11月の会議を受けて作業計画表を更新した。(IAS Plus 2016.11.18)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、11月の会議を受けて作業計画表を更新した。


基準設定および関連プロジェクト

  • 開示イニシアティブ:重要性の実務ステートメント―実務ステートメントの公表は、現在「6ヶ月超」の予定である。

狭い範囲の修正及びIFRIC解釈指針

  •  有形固定資産:意図した使用前の収入(IAS第16号の修正案)―公開草案の公表は、現在「6ヶ月以内」の予定である。
  •  法人所得税務処理の不確実性―IFRIC解釈指針の公表は、現在「6ヶ月以内」の予定である。

IFRSタクソノミ

  • 一般的実務(Common Practice)に対する更新案―農業、レジャー、フランチャイズおよび小売、並びに一般的実務―銀行は、現在12月の予定である。

アジェンダ・コンサルテーション

  •  IASBの作業計画表2017-2021:2015年アジェンダ・コンサルテーションのフィードバック文書が作業計画表に追加された。

 

作業計画表(2016年11月17日更新)(IASBのWebサイト)
Deloitteのプロジェクト・ページ (IAS Plus 英語版)

お役に立ちましたか?