ナレッジ

IFRS財団の評議員会が、IFRS財団の定款を更新

IAS Plus 2016.11.30

IFRS財団の評議員会は、IFRS財団の定款の修正を公表した。更新された定款は、2016年12月1日に発効する。(IAS Plus 2016.11.30)

関連コンテンツ

IFRS財団の評議員会は、IFRS財団の定款の修正を公表した。本修正は、ボードメンバーの16名から14名への減少、およびボードメンバーと評議員の地理的分布の再分類を含んでいる。

2015年7月(デロイト トーマツのWebサイト-※1)に、評議員会は、IFRS財団の構造および有効性のレビューを開始した。レビューは、3つの戦略領域に焦点をあてた。すなわち、(1)IFRSの目的適合性、(2) IFRSの首尾一貫した適用、(3) IFRS財団のガバナンスおよび資金調達である。2016年6月(デロイトのIAS Plus-英語※2)に、評議員会は当該レビューを完了し、修正案の公開草案を公表した。本修正のフィードバックをレビュー後、評議員会は、2016年10月に定款更新に同意した。更新された定款は、2016年12月1日に発効する。

 

※1≫「評議員会が、IFRS財団の定款についてのレビューを開始」(デロイト トーマツのWebサイト)

※2≫ 'Trustees conclude 2015 Constitution review'(IAS Plus-英語)

 

プレス・リリース(IASBのWebサイト-英語)

更新された定款(PDF:IASBのWebサイト-英語) 

お役に立ちましたか?