ナレッジ

IASBが、年次改善プロジェクト(2015-2017年サイクル)における修正案を公表

IAS Plus 2017.01.12

国際会計基準審議会(IASB)は、「IFRSの年次改善(2015-2017年サイクル)」の公開草案を公表した。IASBの年次改善プロジェクトの結果として、本公開草案は、3つの国際財務報告基準(IFRSs)の修正案を含んでいる。コメント期限は、2017年4月12日である。(IAS Plus 2017.01.12)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、「IFRSの年次改善(2015-2017年サイクル)」の公開草案を公表した。IASBの年次改善プロジェクトの結果として、本公開草案は、3つの国際財務報告基準(IFRSs)の修正案を含んでいる。コメント期限は、2017年4月12日である。

IASBは、他の主要なプロジェクトの一環に含まれておらず、必要であるが、緊急ではないIFRSsの修正となる年次改善のプロセスを利用する。

本公開草案は、以下の修正を提案する。
 

IFRS

修正事項

IAS第12号(IAS Plus-英語※1)

「法人所得税」

第52B項の要求事項(配当の法人所得税への影響は、認識された分配可能利益を生み出した取引または事象に関連して認識する)は、分配された利益と分配されていない利益に対する税率に差異がある状況のみを取り扱っている52A項から切り離すことにより、すべての配当の法人所得税への影響に適用することを明確化している。

IAS第23号(IAS Plus-英語※2)

「借りコスト」

資産の意図した使用または販売が可能になる状況において、企業は資産を取得するために特別に借り入れた借入金残高を一般借入資金の一部として扱うことを明確化している。

IAS第28号(IAS Plus-英語※3)

「関連会社及び共同支配企業に対する投資」

企業が持分法を適用していない関連会社または共同支配企業の純投資の一部を形成している関連会社または共同支配企業に対する長期持分について、IFRS第9号「金融商品」を適用することを明確化している。

 

ED/2017/01「IFRSの年次改善(2015-2017年サイクル)」は、IAS第12号およびIAS第23号の修正案について発効日案を含んでおらず、公開期間後に決定する予定である。他方、IAS第28号については、IFRS第9号の発効日に合わせて、2018年1月1日以後開始する事業年度から発効すべきと提案している。

IAS第28号の修正案に関しては、企業が持分法を使用して会計処理している持分のタイプと、企業がIFRS第9号を適用して会計処理している持分のタイプを特定せずに提案されているIAS第28号の修正案に1名のボードメンバーが反対していることから、本公開草案には反対意見が含まれている。

※1≫IAS 12-Income Taxes(IAS Plus-英語)
※2≫IAS 23-Borrowing Costs(IAS Plus-英語)
※3≫IAS 28-Investments in Associates and Joint Ventures(2011)(IAS Plus-英語)

プレス・リリース(IASBのWebサイト-英語)
公開草案(PDF:IASBのWebサイト-英語)
Annual improvements-2015-2017 cycle(IAS Plus-英語)
IFRS in Focus「IASBが公開草案「IFRSの年次改善2015年-2017年サイクル」を公表」

お役に立ちましたか?