ナレッジ

国際会計基準審議会(IASB)が、3月の会議を受けて作業計画表の更新を公表

IAS Plus 2017.03.24

国際会計基準審議会(IASB)は、3月の会議を受けて作業計画表を更新した。(IAS Plus 2017.03.24)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、2017年3月の会議を受けて作業計画表を更新した。
開示の原則のディスカッション・ペーパーおよび適用後レビューの結果としてのIFRS第8号の修正案が、来週公表予定であることを明らかにしている。

以下は、2017年2月の最終更新から作業計画表に行われたすべての変更の分析である。

 

リサーチ・プロジェクト

  • 開示イニシアティブ:開示の原則―ディスカッション・ペーパーは、現在3月の予定である(3月はほぼ終了しているため、来週公表予定と捉えられる)。

 

基準設定および関連プロジェクト

  •  開示イニシアティブ:重要性(実務記述書)―実務記述書の公表予定は繰り上がり、現在2017年6月予定となっている。
  • 開示イニシアティブ:重要性(IAS第1号およびIAS第8号の修正)―修正案の公表も2017年6月予定に移動している。

 

狭い範囲の修正

  • IFRS第8号の適用後レビューの結果に基づくIFRS第8号の改善―時期の変更はなく、3月に公開草案の公表予定であることは、来週の公表を意味している。

 

解釈指針

  • IAS第12号―法人所得税処理に関する不確実性―最終の解釈指針の公表予定は繰り上がり、現在2017年6月予定となっている。

 

適用後レビュー

  • IFRS第13号の適用後レビュー―情報提供の要請の公表予定は繰り上がり、現在2017年5月予定となっている。

 

作業計画表(2017年3月23日更新)(IASBのWebサイト-英語)
Deloitteのプロジェクト・ページ(IAS Plus-英語)

お役に立ちましたか?